September, 2005

Sep. 29
これからじっくり育成してもらうとこだったのに、来週から先輩が他社勤務になることを 一昨日になって知らされました。先月からそういう話があったのに、本人は当日まで黙って おくつもりだったそうです。引き継ぐ新しい先輩があたしを気の毒がって、課長から話す よう促してくれたらしいです。帰って家で泣きました。もう教えてもらえない、成長した 姿を見せられなかった、信頼してたのにいきなり消えるつもりでいた、って。今は少し 回復しました。でも先輩がいなくなるだけでなく、組織改編で配属先が変わることもあり、 不安が募ります。あたし、異環境への適応は早いけど、こういう不意打ちには弱いんです。 ストレスで仕事が手につかないです…。

Sep. 26
先輩はプレゼンが本当に上手いから、こんな拙い身で指導してもらうのが恥ずかしいです。 VPNではデータを暗号化することで1対1の通信を確立するから盗聴すること自体が無駄な わけで、あたしが先輩の技を盗むのも無駄§▲☆∞∴ ダメです、バッファがオーバー フローしてます。
今日は新人全員が幹事を務める部の飲み会で司会やりました。先輩の前だから緊張して 超カンペ見ながらだったけど失敗はなかったし、同期のみんなが裏方から盛り上げから 良く気付いて動いてくれたので大成功でした!幹事を任されてからみんなの夏休みが 重なったり仕事が忙しかったりで連携図れず反省点も多かったけど、どうにかまとまって 良かったです。「終わり良ければ全て良し」と言いたい所だけど、忘年会の企画も多分 うちらに回ってくるだろうから、今回の教訓を活かさなきゃね。
教訓と言えば、ビールのQoo(オレンジ)割は飲めるけど変な頭痛の元になります。あと 紙コップで飲む焼酎2:ぬるい烏龍茶1はあまりおいしくないです。…何やってるんだろ、 あたし。

Sep. 23
昼からアメフトの試合応援。26-3で圧勝!チアリーダーの踊りを一部マスターしたあたし たちは、周りより良く動き良く声を上げるハイテンション集団。今日はアイが連れて来た ミニチュアダックスのミルキーもいました。全く吠えないし八方美人だしでみんなの人気者。 試合が終わる頃にはぐったりしてましたが。
その後はミューザ川崎でバーデン市立劇場の「魔笛」鑑賞。示し合わせてないのにAPPE ちゃんと隣の席になり、7ヶ月ぶりに再会しました…何かの思し召しかもね。舞台上手の 上方で、舞台裏が良く見える席で大興奮。でもセットの位置によっては舞台上の動きが 阻害されて見えず2人で声にならない悲鳴を上げたり。やっぱりこの人とは気が合うなと 思ってしまった感傷の秋。オペラ自体はプログラムの人名表記が「現地の発音に忠実に するため敢えて」と読みにくかったり(例:シカネーダー→シィカネェデァル)、舞台 転換で「アマチュアだな」と感じるときもありましたが、音楽は完璧でした。演出で 工夫してあったのは、劇自体を童子たちの読んでいる本の中の出来事という入れ子構造に してあったり。舞台下手に小道具の箱を堂々と置いてあったり、舞台袖から童子たちが 小道具を差し入れたり(卵がごろんごろん転がってきたのは笑った)。オケ全員が声を 出したり。とても楽しめました。5バージョンくらいの「魔笛」を見て来たけど、何度 見ても飽きさせない工夫のし甲斐がある所が魅力だと思います。次はどんなの見れるかな。

Sep. 19
アメリカにいるママに頼まれて英和辞典とイディオム集の本をEMS(国際スピード郵便。 4〜5日で着く)で送ろうとしたら、送料3200円。窓口で凍る。窓口のおじさんも「高い ですねぇ」と感嘆。勉強して元取っとくれ、ママン。
今日はオペラ「カルメン」を観る日だったのです。チケット引換まで時間があったので 商店街で買い物。観劇前にシリアルや詰め替え用バスマジックリンを買ってる所帯じみた あたし。でも全部鞄に押し込め涼しい顔で会場へ。満席じゃないのに2階最後列端の席 だった。激安チケットだったからなぁ。いいの、全体が見えるし音響もいいから。チラシに 「真紅の花を投げつけた」と書いてあるのに白い花投げてるカルメン、お腹出てる&音程・ 音量危ういホセ、カルメンより強そうなミカエラ、伴奏から1拍遅れるほど朗々と歌う坊主 刈りエスカミーリョと、個性的な主役揃い(笑)自由奔放なカルメンと弱いホセという 設定や演出はオーソドックスなんだけど。あたし最初は適当に生きてるカルメンが嫌い だったけど、最後は共感してました。「死んだって自由を貫く」という言葉は嘘じゃ なかったね。むしろホセ!ミカエラ(と老母)とカルメンのどっちも手放せないのと、 カルメンの恋愛主義を無視するのが最悪ね。この2人を善悪に分けることは難しいけど、 好き嫌いで言うならホセが嫌いになりました。今回はそう感じたけど、次観たらまた 考え変わるかもしれません。

Sep. 16
3連休に絡めて取得した夏休みの初日!…は、体内時計でいつもの時間に起きて、ブラン フレークとお芋和えたのを食べて、ピアノ弾いて、歌って、CD2枚続けて聴いて、ミート ソーススパゲティ食べて、昼寝して、溜まってたメール処理して、水周りを掃除して、 洗濯物取り入れて、雑誌読んで、野菜炒め食べて、ベトナムの高原良茶飲んで、今に至る。 家から一歩も出なかったのは久しぶりだな。明日は電車乗ってお出かけするよ。「のだめ」 最新刊出たのにうちの地元は本屋ないし、前のケータイ解約しようにもツーカーショップ ないしで。秋物の服も何かいいのあれば買っちゃおうかな。カーキ色の服って持ってない から探してみよう。

Sep. 13
takaさんから 「ファッションバトン」受け取りました。
1.好きなブランドかお店
--CYNTHIA、Pattern、JAME辺りで人に合わせとく。無難に。
2.服の系統
--フリルの甘さ×パンツの辛さを合わせるのが好きで「お姉さん系」と言われる。でも ほんとは「どこの国の人?」っていうくらいコテコテなアジアン好き。理解のある相手の 前じゃないと着れないのが難点。サードワールドAJARA アジアンファッション館などはいつもチェックしてます。
3.ファッションの参考にする人
--あまりいない。真似嫌い。
4.今年の秋と冬に狙ってるアイテム
--会社で着る服は、フリルシャツとシルエットのきれいな膝下スカート。あと腰で大きい リボン結ぶデザインパンツが欲しいな。私服は今の所考えてない。
5.バトンを回す5人
--ファッションにコダワリのある人なら誰でも持って行っておくれ。

Sep. 11
9日:雑貨を狙って再びアウトレットへ。そして土風炉で女4人飲み。お酒もごはんもおいしいね、でも蜂蜜黒酢 サワーはもういいや。混んでる終電で帰る途中、同じ車両内で酔っ払いが一人の乗客に 絡み出し、しつこく突き飛ばしたり「俺が教育してやる」「お前殺すぞコラ」など暴言を 吐いた挙句周りの乗客10人くらいも巻き込んで暴れ出したので、怖くなって警察に通報。 酔いが完全に覚めました。
10日:同期が出場するアメフトの試合を8人で応援しに行きました。30度のカンカン照りで 日焼けがヒリヒリ。結果は38-3で圧勝!
11日:スーパーの朝市に買出しに行って、選挙の投票。そして川崎ミューザでオペレッタの コンサート。
うわー家の掃除とアイロンがけができないまま日曜が終わってしまった。

Sep. 8
研修の帰りにSaki&arincoと幕張のアウトレットに寄りました。わー安い!楽しい!! 女の子同士の買い物だと余計に楽しい!!!会社にいるときにはわからない私服の趣味が わかったり、お店見て回りながら話が弾んだり。
みんなそれぞれお買い物しました。あたしは薄ピンクの革パンプス、ブラウンのスカート (サイズ鯖読み)、白シャツとクリーム色のカットソーを買いました。おとなしい服なので 会社にもOKのはず、パンプスがちょっと微妙だけど。新人の内は無難にしておかねばです。 何年かして仕事ができるようになったら好み主張しちゃいます。それまで我慢じゃ。

Sep. 5
弟との二人暮らしスタート。みんな、家がきれいな内に遊びに来るべし!

Sep. 3
通訳の セミナーに行きました。揺れる霞ヶ関も週末とあって静か。電車降りてから距離 あったけど道を訊ける人がいないので、地図と勘を頼りに行きました。時間に余裕が あるときは自力で施行錯誤しながら歩く派なのね。今日は時間なくて少し焦ったけど、 開始15分前に着席。周りは英字新聞読んでたり、通訳スクール生だったり。負けじと 英語の本を読んで待ちます(笑)
面白いお話をたくさん聞けました。日本人のコミュ下手については、「英会話スクールに 通ってマンツーマンで会話してもなかなか上達しない人は、6年間の義務教育+αで読み書き 重視の間違った勉強をしてきたのをそのまま会話でも再現して自分のスタイルとして定着 させてしまうから」、「外国人の発音を真似ればいいというのではない。ある単語は アメリカ発音、ある単語はイギリス発音、ある単語はオーストラリア発音だったりすると、 聞き辛いから。そこを行くとインド人は独特なアクセントの英語を話すが、発音が統一 されているので聞く側も耳の準備ができる」など。通訳の仕事についても色々と聞く ことができました。
プロとして食べて行く困難さ、国交関係にまで影響するような責任の重さ、そんな環境に 自分を放り込むのはまだ早いと思い大学卒業後は普通に就職しました。語学を磨く以前に まず専門分野が欲しくて、IT企業で勉強させてもらってます。でも今日のセミナーに参加 したらやっぱり通訳や翻訳って魅力的な仕事だと思いました。いずれはそういう道で活躍 したいというのが、あたしの一番大きな夢です。
2style.net