July, 2006

July 29
客先には徒歩圏内に由緒ある神社がありました。年齢1桁にして歴史学者になりたいと 公言していたあたしはかなり興味をそそられたのですが、結局バタバタして寄れず。 新幹線の切符買ってあったので帰って来たけど、自腹で土曜まで延泊したら良かった かなーなんて残念に思ってます。
今日は横浜〜みなとみらいでデェトしました。一人で。ボランティア説明会を梯子 する間、アンデルセンで買ったパンを帆船日本丸を眺めながら芝生の上で食べました。 先日ドミニカ移住50周年のニュースを見たので、海外移住資料館にも行ってみました。家族連れやカポーで賑わう ワールドポーターズの1Fフードコートで夏季限定・トロピカルフルーツのクレープを 食してたら悲しくなったので、前からずっと気になってる5Fのエスニックレストランに 行く計画は取りやめて帰路に。
夜、第78回アカデミー賞3部門受賞作・「クラッシュ」を部屋で鑑賞しました。舞台はロサンゼルス。 様々な人種や階級の人々がぶつかり合い、希望や絶望を紡いでいくという物語。冒頭の ドン・チードルの台詞で、大学時代に勉強した戯曲の「Six Degrees of Separation」を思い出しました。これも 似たようなテーマを扱ってるけど、今回の「クラッシュ」の綿密に練られた脚本には 負けるかな。
一人デェトも楽しいもんだな、と気付いた日でした。

July 26
出張で静岡に来ています。高校時代は部活の合宿で、大学時代は旅行で何度か足を 運びましたが、今回は仕事だし、一人。思い出に浸る余裕もなく気が張ってました。 それが、夕飯にふらりと入ったトロロ屋で癒されました。店内、招き猫尽くめでかわいい。 鰻茶とろろ膳(ひつまぶしにとろろが加わって、鰻丼を4通りで食べられちゃう) おいしい。何よりお客さんへの気配りが至る所から感じられて最高でした。県内に 3店舗展開しているので、機会があれば是非お立ち寄り下さい。次はどの静岡名物を 食そうかとうずうずしている703xでした。

July 23
22日の夕方に帰国しました。今日は眠くて「寝て曜日」しちゃいました。夜に サキと電話で話したら、うまいこと現実に引き戻されました。明日から仕事再開。 あたしが国外逃亡してる間に配属された新人さんに引継ぎしたり、休んじゃった 勉強会の内容を取り戻したり、忙しい日々が戻ってきます。時差とか言ってる場合 じゃないわ。早く体を慣らさなきゃ。

July 19
日本は台風の影響で大荒れですが、デトロイトは晴れ続きです。中学からの友達・ ジルによると「ミシガン州はハリケーンも地震もないから安心して暮らせる」の だとか。-40度に達する冬はともかく、夏に来るには本当にいい所です。中学3年間 フランス語を教わったオストロム先生に今日会ったら「ミシガンには二季しかないの、 工事と冬よ。」と言っていました。冬は大雪が積もり道が凍るので他の季節は道路 工事があちこちで始まり渋滞が起きるのです。このように古くからの知人に会ったり 懐かしい学校やショッピングモールを巡ったりすることは観光旅行ではできないので、 心から楽しんでいます。初対面の人とも会話ができるのも面白いです。「素敵な アジア服、どこで買うの?」とショップの店員さんに褒められたり、スーパーのレジの お兄さんの「このチョコおいしいよね、うちの子も大好きで」といちいちコメントつき の会計を楽しんだり、カードの署名が漢字なので「どう練習したの、これは偽造しよう がないわ」と言われたり。
たった1週間とはいえこの生活が続くと、帰国後適応するのに時間がかかりそう。それ でいて毎晩見るのは本配属発表やプロジェクトの夢。リップ・ヴァン・ウィンクルに ならなくて済みそうです。日本語会話が不自由になってきていますが、価値観は日本の ままなので安心して下さい。

July 15
夏休みを取って9年ぶりにデトロイトに来ました。1週間両親宅に滞在し、友達・恩師に 再会したり懐かしいエリアを巡ったり買い物したりする予定です。来るまでは波瀾万丈 でした。1. 残業続きで帰宅したら倒れ込むように寝ていたため、荷造りを当日の朝に する。 2. クレジットカードの暗証番号が通らず、予約していた成田エクスプレスの 乗車券が発券できない。慌てて現金で買った便は1時間後発。 3. 空港に着くと飛行機 が遅れていたので安心していたら、搭乗手続を早くせよと名前を呼び出される。 4. セキュリティチェックが厳しくて、靴を脱がされたり歯磨きケースやペットボトルの 中まで徹底的に調べられたりでげんなり。飛行機に乗ったら無事着きましたが、 どうなることかと思いました。
こちらも30度を越えていますが、日本のようにじめじめしていないので動き回っても 嫌な汗をかかず快適です。両親の家もインテリア雑誌に出て来そうに素敵です(身内 ながら褒めちゃう)。英語も店員さんと会話する程度なら全く問題ないし、今の所 楽しいこと尽くめ。時差ぼけもさっくり直して明日からばりばり活動しようと思い ます!

July 11
蒸し暑い日が続きますが、皆様お元気ですか。昨日「Septuor」はお蔭様で5周年を迎え ました。元はと言えば学生時代、試験勉強から逃避するために作られたサイトです。 今や知る人ぞ知る大きなサイトに成長しました。妄想を煽る日記と新作MIDIの公開で 大繁盛してた頃から、更新が週1ペースに落ちた今も、足を運んで下さる方がいて 管理者冥利に尽きます。
703xは自分で言うのもアレですが、5年間でかなり大人になりました。先日「会議室に 6つレーコー持って来てくれん?」と上司に頼まれました。給茶機のボタンを押し 間違えて1つホットコーヒーができました。以前ならロシアンルーレットやっほぅ!と いそいそ持って行ったに違いありません。今は「お客様に当たったらまずいわ」と 制御が働くのです。ごめんなさい、半分冗談。真面目に書くと、周りの人に育てて もらっているという思いが学生の頃より強くなりました。仕事していると、思いも かけない所から感謝されたり文句言われたりします。全てあたしの努力に対する反応。 学生の頃の試験やレポは頑張りが自分だけに返って来たけど、今は周りにまで影響 するんです。責任が重くても、逃げずにいることで成長できます。厳しいコメントも 受け入れられるようになったのは、自分でも驚いています。これからも努力を怠らず、 謙虚でいたいと思ってますので、よろしくお付き合い下さいね。

July 6
同期内で客先に常駐する人、次々に新しいプロジェクトを任される人が出てきて、顔を 合わせる機会が減り、溝が深まっているようで寂しいです。納期まで2ヶ月弱ある あたしのプロジェクトを「そんだけ時間があれば余裕、楽勝。できないわけがない」と あしらわれ、キレたのが今日の昼。忙しくて大変なのはわかるけど、他人の仕事を 自分の尺度で測り、見下していいはずはありません。「早く寝れたの、良かったね」 「能力があるから仕事を依頼されるんだよ」と励ましていた好意を仇で返されたと怒り 心頭。入社して数年のあたしたちは慣れない仕事を試行錯誤しながらこなしていて 立場やお給料は一緒。誰が一番大変か、優秀かは到底どんぐりの背比べ。決められ ません。
自分の価値を確認するのは同期と比較することではなく、自分の達成感や追いかけて いる先輩のキャリアパスに目を向けることだと思っています。そして、同期との関係を 良く保つにはお互いの仕事を尊敬することだとも思います。在職期間が同じでも、 歩んだ道は違います。そこでその人が得た経験が既に自分が得たものだったとしても、 その人を大きく成長させた糧であることに変わりありません。肯定し、お互いさらなる 高みを目指すのが理想的と思います。
嫌われるのを恐れて事勿れ主義でいるのは、あたしの身が持ちません。歩み寄れる日を 夢見て、真正面からぶつかり続けようと思います。

July 2
マイペースな性分で、気が向いたときには買い物でも何でも決断が早いです。しかし 人から急かされたり、自分で納期設定して負荷をかけたりすると、なかなか取りかかる ことができません。特に司令塔が自分だと甘えが出てしまうから、動機付けが難しい。 今週プライベートでは、アメリカの恩師3人に手紙を書くのと通信講座の提出課題を 終わらせるという2つのタスクがありました。手紙書き始めてから封をするまで1週間、 通信講座に至っては進捗ゼロ…。時間の使い方が下手なのは昔からですが、数年後に 振り返ったら無駄がいっぱいあると愕然としそうです。もっときびきび生きたい。

2style.net