October, 2006

Oct. 28
平日は殺人的なスケジュールに追われる彼とまったりした時間を過ごせて、「日曜の 昼下がりみたいなのにまだ土曜なんだね」と二人で驚いてました。まだお互いに未知の 面が多いけど、会う回数を重ねて共通の経験が増え、まるでずっと前から知り合い だったかのように錯覚してしまうことも。ずっと良い関係を保てますように。
明日から約1週間、カリフォルニア州のサンディエゴへ研修旅行に行って来ます。今から荷物を詰めるとこ。仕事を 休んで行くので、有意義なものにしたいです。

Oct. 25
昨日は高校のときから友達のレイちゃんと久々に会いました。小柄で今時珍しいくらい 純粋な女の子です。ここ数年で本格的に福祉の道を歩み始め、留学の一時帰国の折に 会えることになったのです。あたしもいずれ困ってる人のために働きたいな、と思って いたから、彼女の話を聞けるのはかなり貴重なのですが、ここでもまた適性を考えて しまいました。あたしは相手に共感することができるけど、感情が入り過ぎてしまう から、共倒れするんじゃないかと。そこ行くとレイちゃんはにこやかに真剣に、正直に 人との触れ合いを大事にしています。あたしはもうちょっと今の仕事で頑張って、 コミュニケーション力培ってメンタル強くしないとやってけないだろうなぁと思い ました。
今日も私用で定時 ダッシュしたら、終わった時点で19時だったので、一人デェト決行。ランドマーク タワーでカフェごはん♪とか言いつつ、実はサンドイッチに生ビールですけど。そして エスニック雑貨屋さんでベルト買って帰りました。
ちょこちょこ休んでるし、来週なんか研修旅行で丸々休むし、残業を余儀なくされて いる同期もいる中であたしは自分の好きなように働かせてもらっています。今の仕事は あたしの希望したものでは丸っきりない、だから休まないとやってらんないっていう 思いもなきにしもあらず。後輩が入ってきたのも、あたしがいつ抜けてもいいように 備えてあるんだろうと思うし。この会社にいて、これからあたしどうなるんだろうな。

Oct. 21
鈍感なのではなくて、不安だっただけなの。流れに身を委ねるのではなく、仕切りの 言葉が聞きたかったの。「本当にあたしでいいんですか?」って聞き返してしまった けど、嬉しかったです。あたしが今感じてる以上に幸せを感じさせてあげようって思い ました。

Oct. 15
3度目の資格試験受験。午後問題で毎度ながら撃沈。今回はプログラミングだけでなく 共通問題までダメでした。年度末までに合格しろって言われてたのになー。負け惜しみ ではないけど、持ってても履歴書に書けるくらいで、普段の業務に到底役に立ちそうに ないから、勉強する意欲が湧かないのよね。それよりも入社時から行きたいと言ってる 部署で活かせるスキルを身につけたくて、通信教育を受けてます。しかし、添削された 課題の通信欄で講師に毒吐かれて萎えました。社会人教育という同じ業界に身を置く者 としては非常識に思います。高い受講料払っちゃったからやり切るしかないですが。 他人に指示されていることも自分で課したことも不調なのはへこむけど、全てが上手く 行かないというわけではなし、マイペースに努力を続けます。

Oct. 10
昨日の「アイーダ」で一番印象的だったのは、主役のアイーダやラダメスを差し置いて 王女アムネリスの存在感です。我侭な彼女を頂点にした三角関係が主役二人を死へ追い やるわけですが、手に入らない愛を権威の濫用によって手に入れようとする躍起さと、 手に入らないと悟ると同時にかつて愛した男性に死を命ずる残酷さには鳥肌が立ち ました。それが四幕では、地下牢で息絶えて行く二人を案じながら祭壇で祈る彼女。 後悔に苛まれながら叶わなかった想いを葬り去る姿に、涙が出ました。「オペラ座の 怪人」のファントムのような役回りです。愛し過ぎたが故に感情表現が歪んでしまい、 他人まで不幸にしてしまうの。日常生活では恋愛の泥沼劇が生死に関わることはまず ないけど、どの道みんなが幸せになれない恋愛って辛いと思ってしまいました。 音楽も舞踊も美術もしなやかで勇壮で、異国情緒たっぷりでしたが、やっぱり心に 訴えかけてくるのは時代や国籍を越えた人間の素の感情の部分です(19世紀のイタリア 人が作ったオペラからピラミッド時代のエジプト人の感情を知るっていうのも変な話 だけど)。

Oct. 8
この週末は土日とも第11回 WTO・FTA 市民フォーラムin 神奈川に参加しました。 WTOもFTAも「学校の教科書や新聞で見かけたくらいで、あまり良く知らないけど、 それがどう市民に関係するんだろ」程度の理解で出かけました。無知でした。遺伝子 組換作物の輸入は食卓に、外国人サービス従業者の受け入れは国内の雇用状況に、 米軍基地再編は安全な生活に変化をもたらします。お偉方が形式ばって決めてるだけ ではなかった。多分野で活動されている市民グループの方々が集まって意見交換する 場はあたしにとって刺激的でした。と同時に、いつもこういったボランティア活動系 イベントに参加して思うことは、無所属だと居場所がないこと。あたしなら自分の 活動をアピールして人を取り込もうとするけどな。ボランティアは志のある人が自発 的にやるものだから、学校の部活やサークルみたいな強烈な勧誘はないけど、門戸を 広めに開いてくれたらもっとこちらもアクションを起こしやすくなります。
今日は夕方から横濱JAZZ PROMENADEに行きました。ジャズ好きな連れは クラシック専門のあたしを誘うことを躊躇してたようですが、だてに10年吹奏楽 やってたわけじゃなくてよ。拍や即興はさておき、聴いて楽しくなったりまったり したりできるもの。
1日半じっくり考え込んで、半日リラックスして、メリハリがついてた週末でした。 三連休最後の明日はオペラ「アイーダ」を観に行きます♪

Oct. 2
土曜は社内婚カポーのお披露目パーティーにお呼ばれして、幸せ気分を味わいました。 おしゃれなイタリアンレストランなのに芋焼酎置いてあるもんだから、ティラミスと 一緒に…
日曜は83、MIFちゃん、あんぬと お菜家ディナー。緑茶割りが威力弱かったのでボトルで頼んだけど、まさか下町の ナポレオン殿、一升瓶でいらっしゃるとは。他のメンバーが飲まないので、困り果てて 飲みやすい組み合わせ作りに挑戦。グレープジュース割りはおいしくないから二度と しません。残ったのがもったいないからこっそり持って帰りました。1:1で割ったのを 急ピッチで飲んだから久々に酔って、帰りの電車で寝過ごしました。んー、2晩続けて 焼酎はよろしくない。
今日は二日酔い気味ながら真面目に過ごしました。お昼で仕事を切り上げ、月末の 研修旅行のメンバーとフェリス女学院大に取材に行ったのです。環境に配慮した校舎作りで 知られるフェリス。担当の方が出張中とのことでノーアポ取材だったのですが、運良く 高校生を案内中の学長先生に遭遇し、便乗してお話を聞かせていただきました。期待 以上に素晴らしい出会いに感謝。有意義な取材でしたが、中でも「地球は子供からの 借り物。傷をつけて返してはいけない」というケニアの格言を教えていただいたのが 一番の収穫です。自分たちだけ良ければ、という考えはダメなんですよね。

2style.net