March, 2007

Mar. 29
有休を取って家のことをしました。ゆっくりごはんを手作りするとか(最近小麦粉と バターから作るシチューにはまってます)、衣替えを兼ねて溜まってたアイロンがけ するとか、3時間窓を開け放しにするとか、普段仕事があるとできないことばかり。 しかもこれを平日にやるというのがいい!みんな今頃会社なんだなーと思うと、 優越感じゃないけど、不思議に気分がいい(笑)来年度も、2ヶ月に一度くらいは こういう休みの使い方をしたいと画策しています。

Mar. 25
誰もが驚く高得点で、とあるIT系の資格試験に合格。1年間、長かった…!後輩に 先行かれるとか班で持ってないのあたしだけとか、もういたたまれない気持ちばかり でした。これでまだ頑張れます。
相方さんが「ドラリオン」に連れてってくれました。前からチケットは取って あったけど、嬉しいことがあった翌日だから、お祝いしてもらったみたいで感動。 パフォーマンスもすごく面白くて、心の底から楽しめました。

Mar. 20
会社の労働組合で、春季交渉が進められてます。委員なので動向は耳に入って来ます。 「女性の働きやすさを」「人材育成にもっと力を」という要求は両方気になります。 結婚も将来のキャリアも今まで以上に考えてる時期なので。出産で退職する人と休暇を 取得する人は半々ですが、ハードな現職に復帰した先輩をまだ見たことがないので、 不安になってました。全てが改善されることは期待しませんが、この不安が解消される ようであれば、今のまま頑張ろうと思います。

Mar. 17
雪のちらつく朝、会社でもらったサッカーのチケットを手にへこんでました。デェトの 予定が…でもすぐやみ快晴となったので、バスに揺られて等々力陸上競技場へ向かい ました。日が暮れた途端に冷え込み、強風が吹き始めました。ミニカイロでは太刀打ち できません。一瞬風が凪いで体温が戻って来たと思ったら再び突風で熱を奪われるの です。
最初は震えながらもマスコットのきもかわいさや、スタメン発表を楽しんでました。 横浜にはキング・カズがいて、フロンターレファンも敬意を払っているようでした。 さて、フロンターレはしょっぱなからアグレッシブで、開始14分だったかで早速1点 入りました。23分経過したところで、彼に訊きました。「ねぃねぃ、ハーフタイム までって何分だっけ」「45分」(即答) 25分で終わるから、それまでの我慢!と都合 良く考えてたあたしは打ちのめされました。…この極寒暴風の中で、あと22分も座れと おっしゃる!
じっと耐えてたら、ぼこぼこ3点も入って、前半で3-0。ホイッスルが鳴ると共に、 猛烈に混み合う競技場を命からがら逃げ出し、バス停までダッシュしました。何だか 楽しくて、笑顔で走り抜ける爽やカポー。
ぬくい帰りのバスの中で、彼曰く「せっかくのチケットだから、中座するのは悪いかと 思ったんだけど…寒くて耐えられん」。北国出身の彼にそこまで言わせるほど、あの 天気はひどかったのです。
試合は結局6-0で大勝したそうな…。すごいなフロンターレ。

Mar. 11
彼と「パフューム」を観に川崎のチネチッタへ。「劇場で嗅げ!」の謳い文句と、 ベルリン・フィルの音楽に興味があったので、怖いのでもどうにか観れるかなーと 思ってたのです。しかし…ずっと怖かったよ…人死に過ぎ…音楽も確かにすごかった けど、映像が怖かった。音なくても十分。でも、最後は切なかったなぁ。主人公に 対して、ただ怖いとか憎いという感情だけでなく、憐憫の情を抱いてしまいました。 鑑賞後は、主人公の真似をして、お互いの匂いを嗅ぎつつ背後から忍び寄る変態 カポーと化しました。
703xパパが一時帰国したので、彼に会ってもらいました。離れて暮らしている両親に 安心してもらおうと思ってセットアップしたのに、逆に両親から色々聞かれる羽目に なり、少し後悔しています。すごいプレッシャーの中でも真摯に向き合ってくれた彼 には感謝しています。

Mar. 6
facebook、一気に同級生50人ちょいと友達登録できました。中には顔知ってるだけで 話したことない人も(厳密には「話したかったけど、当時のあたしはコンプレックス だらけで超・内気だったので」が前につく)。でも、わざと小さな中学校を選んで 進学しただけあり、同学年のほとんどの人の名前と顔がわかります。うちの学年には 他に日本人がいなかったし、思い出してもらいやすいのかなぁとも思いました。
10年前はまだネットがそんなに浸透してなくて、メアド持ってる人なんて少数派。 帰国してから連絡取ると言っても、学校の住所録を引っ張って来て手紙書くしかあり ませんでした。途中でメアドができてメールできるようにはなったけど、だんだん 長い英語を書くのが億劫になり。Out of sight, out of mindとはよく言ったもので、 目の前のことに追われるようになり、気付いたら何年も経ってました。ずっと交流が 続いたのはReneeとJillだけ。この2人とは夏にアメリカに行ったときに9年ぶりの 再会を果たせました。でもやっぱり心に引っかかってたのは、他の子のこと。たとえ そんなしゃべったことなかったにせよ、同級生です、会えたら嬉しい。それが叶い ました。懐かしい顔ばかり。もっと前にこの存在を知ってたらReneeとJill以外にも 会えたかもなぁとちょっと欲が出ます。
最後に、中学のときの同級生Allisonが自己紹介に書いてたことが印象的だったので、 訳してみます。
私は楽しいこと大好きな2*歳。日々充実した生活を 送ってる。人生はレモンを差し出してくるから、私はテキーラで出迎えるだけ(^-^) 彼氏も家族も友達も大好き。みんながいれば何だって頑張れる。人生で起こることは 何らかの理由があるべくして起こると思う。命に関わるようなオオゴトでなければ、 みんな私を強くする素。
ハスキーな声に金髪のポニーテールがトレードマークの元気な中学生だったAllison。 彼氏の隣で最高の笑顔してる写真は、いい意味で変わってないなぁとほほえましかった です。
日曜から声が出なくて、このまま治らなくて来週も先輩に代打を頼むようなことに なったらどうしようとか悩んでたのが、少し励まされました。10年ぶりにネットで 再会した、地球の裏側にいる同級生に感謝です。

Mar. 4
喉から来る風邪を引いてしまって、今朝ありえないことに声が全く出なくなりました。 明日から2日間セミナー実施の予定があったのに、マイクを使っても効果なさそうな 囁き声だし、終日しゃべり続けるのは余計に無理!緊急事態なので、重たい気分で 上司と先輩のケータイにメールをしました。快くピンチヒッターを引き受けてもらい、 心底ありがたいです。貧血でも熱が出てても何とかなるけど、声が出なかったら何も できない…。声が命の職業に就いたことを少し恨んでいます。早く治さないと、と 焦っているのですが、ちっとも喉の腫れが引きません。どうしたらいいのかなぁ。 きちんと食べて、薬を飲んで、冷えピタ貼って寝てるのに。
寝過ぎて逆に目が冴えてしまったので、アメリカ版のmixiみたいなfacebookに登録 してました。小中高の同級生を発見して、友達申請しまくり。10年前の面影を残しつつ ぐっと大人っぽくなったみんなの写真を見て、年を取ったなぁとしみじみ感じました。

2style.net