May, 2009

May 31
イルカちゃん 早朝5時起きで、ホテルの朝食は取れずに出発。今日は西海岸のワイアナエへ。高速船 Zodiacに乗り込み、野生のイルカやウミガメの泳ぐ沖でシュノーケル!初めての シュノーケルだけど、ライフジャケットを着て水面に浮きながら顔を浸けるくらい だから怖くないの。
イルカちゃんが下を泳いでるー!もう感動☆息をするのは忘れず…シュコー (ちょっとダースベーダー気分)
興奮覚めやらぬうちに次のポイントへ移動。今度はウミガメと熱帯魚がいて、これ また感動☆

田中オブ東京 昼前にホテルに戻って来て、ワイキキの街へ繰り出す。が…日焼けした足がギラギラ 照りつける太陽で痛い!痛い!!前日のビーチでは上半身しか日焼け止めを塗って なかったし、この日はウェットスーツを着ていたものの太ももから下と足の甲は 出てたもんなぁ…歩けなくて、日陰で1時間くらい休むことに。
夜は豪華に鉄板焼きディナー@「田中オブ東京」というお店。パフォーマンスだらけの シェフで大興奮!玉ねぎの火山が火を噴いたり、えびの尻尾が帽子や胸ポケットに 飛び込んで行ったり、もうめちゃくちゃ♪

May 30
カイルア 新婚旅行の王道・ハワイはオアフ島。4日間、全部アクティビティを入れてる。今日は 島北東部のカイルアビーチでカヤックを漕ぐよ!
中学の頃にサマーキャンプでカヌーなら漕いだことはあるけど、今回は2人漕ぎで 体力いるし、船体に既に穴空いてるし(水抜き用)、勝手が違う!
ふと後ろを向いたら、あたしが右を漕いでるときに旦那が左を漕いでたりして、 喧嘩。真昼の太陽は暑いし、揺れるし、キツイし、喧嘩だし…とへこんでたら、 無事に目的地の無人島に到着。お疲れー。

ディナー 一旦宿に帰って、既に日焼けしてることにびびる。太陽の下ではなまっ白いボデー なんですけど、それでも水着で隠れてた部分とは差がくっきり。顔、首、肩くらいしか 日焼け止め塗らなかったよ…足腰が焼けるという経験を初めてした。
北国出身だから?旦那は気の毒に真赤になっていたので、クールダウン用のジェルを 買ったのだが…赤くなるのが遅いだけで、あたしもその後ひどい目に遭うのだった!
ワイキキ市街で夜ごはん。運動後のビールはうまし♪中ジョッキ1杯分相当でほろ酔い。

May 29
パパとママンと囲む最後の朝ごはん。あたしは社会人になるまで親元を離れたことが なかったので、結婚して新たな家庭を築いた今でもホームシックになることが多い。 ママンの部屋に行ってベッドにぼふって乗ってちょっと涙するあたし。新婚旅行中に こんなでも何も言わない旦那。すいません。
旦那の両親、義兄夫婦に絵葉書を書いたりして、10時に出発。パパは仕事があるので、 空港まであたしたちを送ったらそのまま会社に向かうことに。ママンも見送りに来て くれた。
搭乗手続きとセキュリティチェックでどんどん二人から離れて行って、感謝とお別れ を言いそびれた。離れて暮らしていても、共通の思い出ができて良かったよ。

May 28
ホロコースト記念館 早いもので実質デトロイトにいられる最終日。午前中は、アメリカに住んでたときから 気になっていたホロコースト記念館に行くことに。
アメリカ初のホロコースト博物館だそうですが、車で5分の近所!ユダヤ人の多い 地域だからね。
600万人殲滅。恐ろしいことです。中学生が課外授業で見学に来てた。最後に子供 たちの感想を見たら「もっと早くに知りたかった」がたくさん。日本で原爆について 学ぶのと同じくらいのインパクトがあるものね。中には「骨と皮の死体を見たく なかった」というものも…まぁ素直だこと…
記念硬貨
ちょっとへこんだものの、昼はデパートつきショッピングモールへ。ランチはTaco Bell。そして雑誌にボディローションにと、あたしの中ではアメリカに来たら定番! のお買い物をする。夕方はスーパーに寄って、山のような食料品たちを見て回る。
アメリカ50州の記念25セント硬貨は、コレクター用の台紙があるほど。両親が せっせと集めた缶一杯の硬貨から49州まで探し当ててたけど、最後のワイオミング 州をママンが偶然発見し、めでたく50州コンプリート!

May 27
ミシガンへようこそ トロントの朝は早い。ホテルの近くは金融街&病院&大学。朝ごはん前にぷらぷら 散歩。
国境近くのウィンザーで中華ランチ後、ミシガンに帰着。ダウンタウン・デトロイト はヨーロッパ調の古めかしい建物が多く、トロントに負けてない。こっちは大分荒廃 して、昼でも一人で歩きたくない場所があるけど…。デトロイトが世界に誇る自動車 産業Big Threeの一つ、GMが破産宣告したのもこの数日後。
閉館1時間前を切ってフォード博物館に飛び込み、さーっと見て回った。市民権 運動を加速させたバスの複製や、飛行機や農耕器具と様々な展示があった。

May 26
かわいい
お店 Niagara-on-the-Lakeという小さな街やアイスワインのワイナリーを経由して トロントへ。ナイアガラも、観光客で賑わう滝から離れると途端に落ち着いたかわい らしい街並みへ。お店もかわいいっ!!キュン死☆
ただこの日は曇りな上に気温5度とかでめちゃんこ寒かった。革ジャンやダウンJKを 着て歩く地元民も…。
トロントに着いたら街並みは一変、都会へ!歴史のある建物に挟まれた通りは狭くて、 カーナビもちゃんとガイドしてくれない。どうにかホテルにチェックインしたら、 両親と別行動。旦那と地図を片手に繰り出す。
世界で3本の指に入る高さのタワー、CNタワーへ(2007年までは世界一だったけど、 ドバイの高層ビルに抜かれた)。
CNタワーから
地上を見下ろす
上空342m地点のガラス床。キャー高い!笑顔が凍る旦那の横で、ジャンプして楽しむ 悪妻。 夜は両親と合流して、地中海レストランへ。ただ、またもや昼がメガだったので、 あたしはスープとサラダとパンで十分。ロブスターのビスクがまったり濃厚でした。 夜は旦那が一人で出歩いて探検してきました。地図に載ってない素敵な教会もあった けど、歓楽街やおうちのない人も見かけて怖い思いをしたようです。あたしはのんきに ぐうぐう寝てました。

May 25
虹のかかる滝 デトロイトからカナダのナイアガラまでは、車で片道4時間ほど。国境を越えるので、 もちろんパスポート持参でね。
12年ぶりなので、滝の形変わってるかなーとワクワクしながら向かいます。という のも、1年に3cm削れるんだって!
着いたーーー!何度来ても、雄大な自然には圧倒される。

Niagara Blueの
名のカクテル 定番の「霧の乙女号」で滝に船で接近!暑いから、小雨のような水しぶきが気持ち いい。
夜はディナーにサーカスと両親にパラサイトしました。ありがたや(ToT) カジノも入ってみたものの、両親と一緒にいると若く見えるのか、 パスポートの提示を求められるのが玉に瑕ね。アメリカに住んでた頃は 中学生だったから入ることすらできなかったけど。
前はこんなホテルや商業施設が乱立してなかったのにな。時代は変わる。

May 24
リス 時差があるので現地時間の午前2時、4時、6時と2時間ごとに目が覚めて、最後は ごろごろして朝を迎える。翌日から小旅行なので、この日は地元でゆっくりする ことに。庭に遊びに来るシマリス、小鳥、リスなんぞを見てまったり。
お昼はママンに近所のアメリカンレストランへ連れてってもらう。 この他に「本日のスープ」も頼んじゃって、おなか破裂寸前。 出された物は残さ ないポリシーのあたしも、ポテトフライは残してしまった。


メガ盛り 昔通ってた小・中・高校を回ってもらった後はshopping spree!スーパー、雑貨屋、手芸店、色々見て回る。あまり体力も 物欲もないものの、買い物にはいくらでも時間を費やせる。そんなとき、女の子に 生まれて良かったと思う。
家に帰ったら、パパ主導のお庭BBQ♪なのに、昼のメガ盛りが効いて一口も食べられ なかった。ううう。
でも、大分経ってからママン特製の洋ナシタルトを食べたら食欲が出てきたのでサラダ をちょっと食べた。偏食…。
翌日の準備をして、寝た。

May 23
Honeymoon初日☆マスク着用で出発。行き先は両親の住むデトロイト。新婚旅行の 前半日程は両親宅にステイしながら、一緒に小旅行するというプラン。
機内食 成田空港へのバスに乗るため電車に乗って行った駅で、航空券も含めチケット類一式が ないことに気付く…速攻で家に帰ったら、玄関に落ちてたありえん!予約してたバスに 乗れず、代わりに成田エクスプレス。「国際線に乗るには離陸2時間前に空港に到着」 という家訓に従ってたお蔭で、フライトには余裕で間に合った。
無事両親に会うと、「マスクを着けてるのは日本人くらいだから、すぐわかった」と 笑われる。機内では、食事のときもマスクを外さない偏執気質の女性がいたという のに…。
空港からアウトレットモールやスーパーに寄りながら両親宅へ。夜ごはんを食べて、 お土産を披露。お酒にお菓子に雑誌に…etc.喜んでくれた。眠い両親も、業者さんに 頼んだ結婚式のアルバムはしっかり見てた☆

May 21
今日は有休を取って、家のことをしました。引っ越して来てそろそろ5か月だけど 初めてマンションの管理人さんとまともに会話したなぁ…。
事務手続きなんか色々した後は、スーパーと本屋でお買い物。大体マイバッグ持参で 行きます。スーパーのレジ袋みたいなへちょい袋ではなく、帆布のしっかりした トートバッグとか、大量に物が入るボストンバッグ!場合によっては旅行帰りみたい に見えます。仕事帰りにお店に寄るときはそういうバッグを持っていないので、量に よっては仕事用の鞄に入れちゃったりしますね(笑)できるだけ、エコしてます。
今夜は久々に手をかけたごはん作ろう!

May 18
マスクをつけての長時間プレゼンは、きつい。ふがふが。

May 14
沖縄に出張してました。5月とは思えないほどの強い日差しと気温にびっくり。熱帯 ぽくしとしと小雨が降ったりして、じめじめしていました。すぐに肌がぺとついて きます。
もち仕事も頑張ったのですが、一番の思い出は会社の人たちと初めて民謡酒場に 行ったこと。ステージが良く見える席に案内してもらえました。「てぃんさぐぬ花」 の歌詞を説明されて、ちょっとほろり。音楽の教科書に載っていたという人もいる かもしれませんね。「ホウセンカは魔除けのため爪の 先に染めて、親の教えは心に染めなさい。夜走る船は北極星を見ている、親はいつ でも私を見ている。」という意味だそうです。ううう、とうちゃん かあちゃん(ToT) ホームシックになったところで、来週早速両親に会いに行きます (^o^)v

May 8
昨日は横須賀線の車両が故障して併走する他の線も止まったり遅れたりするし、 今日は雷で停電しかけるし。電車通勤って脆いですね。
ゴールデンウィークぼけなんてしてられないくらい忙しくしてましたよ。唯一 浦島太郎状態になったのは、接客部隊が新型インフルエンザ対策でマスクしてた こと。あたしが休みの間にこういう方向性になってたんですけど、まるでうちの 会社じゃないみたいでした。

May 5
GW前半は旅行でしたが、後半は特に予定なし。近くの観光地ということで、鎌倉に 行ってみよう!としたら…渋谷を持って来たみたいな混みっぷり。あー、そういえば 「Y150」って横浜開港150周年で観光客多いんだったわ。歩き回る気力をなくし、 とりあえずキオスクで大仏サブレ(はとならぬ)を買い、鎌倉そばという名の立ち 食い蕎麦屋で遅い昼ごはんを食べて帰りました。
家では、旦那母が送ってくれた山菜などを使って旦那が天ぷらを揚げてくれました。 おいちかった☆

May 3
秩父の日帰り旅行の後は、1泊2日の河口湖巡りでした。旦那の運転で旅行するのは 一昨年ぶりです。
初日AMはオルゴール館へ。ヨーロッパのような美しい建物や内装と、さまざまな 形状のオルゴールや弦楽の生演奏やイタリアンのランチコースと、予定していた よりも長い時間を過ごしちゃいました。
PMは青木ヶ原樹海と西湖の蝙蝠穴へ。樹海は観光用の序の口だけですが、オヤジ ギャグを飛ばしまくるあやしい探検家のガイドであっという間の1時間でした。 蝙蝠穴はヘルメットをかぶってひんやりした洞窟の中を歩くのですが、天井に ごつんとぶつかったり滑ったりしてスリリングでした。
宿は、お風呂つきの二間。仲居さんに「お嬢ちゃん」と呼ばれたので、「これでも 新婚なんですよ」と言ったら、「若奥様」になりました。たんまり食べて、旦那は 河口湖を見ながら地酒の晩酌で舞い上がりました。二人で屋外の足湯に漬かって 酔いを醒まし、彼はそのまま大浴場へ、あたしは部屋のお風呂で泳ぎました。

2日目AMはクラフトパークでサンドブラスト体験。グラスに下絵を写して、カッター で切り抜いた場所に細かい砂を吹き付けるとその部分がすりガラスになります。 旦那はかあいいわんこ、にゃんこ、富士山の絵。あたしはゾウ、蝶、蓮でかっこいい アジアン。かっこよさにこだわり過ぎて時間オーバー、だけど何とか満足な出来に なりました。
山梨名物ほうとうで満腹になった後、渋滞に巻き込まれかけ、2時間ほど車内に 緊張が走りました。予定を変更してテディベアミュージアム横のカフェでお茶。 旦那が仮眠を取ってから帰途に着きました。免許を持っていないので、運転を 代わってあげられないのが心苦しかったけど、いつものように充実した旅行になって 良かったです。お疲れさまー。

2style.net