March, 2010

Mar. 11
今日はスーパーへお出かけ。今週2回目!近所のポスト(片道5分)→郵便局(8分) →スーパー(10分)と、着実に行動範囲を広げているところ。
日が照っていて暖かい11時過ぎ辺りから行動開始。ちびたんの授乳・おむつ交換・ フリースのカバーオールと帽子着用…と、あたしが抱っこひもを着けて出るまでに 時間がかかる。
妊娠中は、スニーカーをかぱっとつっかけたらすぐ出れたのにな。でも、どんなに 近所でもちびたんを家に置いてったらいけない。帰って来たら火事になってたとか、 歩けるようになったらベランダから下に落ちるとか、そういう不慮の事態に備え なきゃいけない。アメリカでは子供だけでお留守番させることは虐待に当たるから、 ベビーシッターを頼むのが一般的。日本もいずれそうなるかもね。
スーパーで実物を見て買い物できるのはやっぱり嬉しい。特売品を買えたときの 充実感もある。生協やネットスーパーではこの感覚、得られないもんね。
帰宅してちびたんを抱っこひもから下ろし、カバーオールを脱がせて、布団に 寝かせて。やっと昼ごはん。

ごはんの後、気持ち良く寝ているちびたんのおむつを交換。その間にブリブリッとか ジョーーーとか(音声のみでお楽しみください)、せっかくかけた手間が一からやり 直しってことが何度かあった。
…ちょっと忍耐強くなったかも。
今日の日経新聞の夕刊に、聖路加病院の細谷亮太先生のインタビュー記事が載ってた。 「普段大人ばかり相手にしているビジネスマンは、自分より立場の弱い子供にちゃんと 向き合えない。人間関係を広げてほしい。」っていうメッセージがあった。ここでは 男性を指しているんだけど、産休に入るまでずっと社会人教育という仕事をしていた あたしも含まれると思う。
子供を産んで、人に対する接し方が変わりそう。短気で、人に求めるレベルが高い あたしを鍛えてくれるちびたんに、感謝しなきゃ。

2style.net