「6つのソナタ」より

094.mid

メンデルスゾーンは裕福な家に生まれ、音楽の英才教育を受けて、 古典やバロックのありとあらゆる作曲技法を身につけました。バロックの 宗教音楽にも造詣が深く、旧バッハ会集の刊行、現代まで続くバッハ研究の 端緒となりました。彼のオルガン作品のうちでも特にソナタはオルガニスト の重要なレパートリーになっています。

この曲は数少ないメンデルスゾーンのオルガン曲の中でも最も有名な 「6つのソナタ」のうちの6番目の曲です。この「6つのソナタ」は、メンデル スゾーン最晩年の作で、彼は終生オルガンに関わっていたといえます。 ソナタ第6番は、「天にますみ父よ」というコラール(マルチン・ルター 作詞、1539年)を変奏したものです。このコラールをバッハが編曲したのが 讃美歌2篇94番で、MIDIもそれによりました。


□BACK□

2style.net