いつぞやそなたを見かけて以来

undi.mid

(要約)
<居酒屋の中>
□マントヴァ公爵(T):いつぞやそなたを見かけて以来 そなたを追い求め、 恋い慕ってきた
私は恋に狂っているよ、美しい娘よ
□マッダレーナ(Ms):プレイボーイのあんたが何を言うの?
からかうのはよしてちょうだい
<窓の外>
□ジルダ(S):ひどいわ、お父さん! あの裏切り者…
□リゴレット(Br):あんな男のために涙を流すな、わしが必ず仇を取って やるから

リゴレットはマントヴァ公爵に仕える道化師で、愛娘ジルダは公爵に 騙されて強引に貞操を奪われました。それでもまだ公爵のことが好きな ジルダに、リゴレットは彼の本性を見せるためにマッダレーナの居酒屋へ 彼女を連れて行きます。窓の中では、公爵がマッダレーナを口説いている ところ。ジルダは胸が張り裂けんばかりに怒り悲しみ、リゴレットは復讐を 誓います。マッダレーナの兄で、殺し屋のスパラフチーレに暗殺を依頼 しますが、物語の結末は…!?

ヴェルディのオペラ「リゴレット」は、ストーリーこそ暗いですが 優れた曲が多くお気に入りです。この四重奏の他には「あれかこれか」 「女心の歌」が有名で、どちらもテノールの定番レパートリーとなって います。


□BACK□

2style.net