「魔笛」ポスター en France

後輩きゃべつのフランスみやげ。とても嬉しかったです。何よりの おみやげ。ちょっとアート入ってますよね。日本ではこういうチラシって、 大体写真じゃないですか?舞台の様子と、オケピのアップとか。だから ちょっと新鮮です。

日本で公演するときに日本語訳でやるように、フランスでも仏語訳して 上演されるのかな?お国柄、ちょっと濃厚になってしまいそうな気がする (偏見です)。演出家によって文化や宗教、考え方の違いがあるから しょうがないのですけど。でも、大学の第2外国語でフランス語を学んで いるあたしとしては、フランス版「魔笛」にもとても興味があります。 導入でタミーノが大蛇に追われるときの「助けてくれ」は、「Sauvez-moi」 かな?とか勝手に想像しています。すると、どうやって歌詞と曲を合わせる んだろう?リズムや発音の関係上、1つの歌で出てくる言葉の数が多少 変わったりするのはやむをえないにしても、原語のドイツ語の意味と違って きたりしないように、どういう努力をしているんだろう?…と、興味は尽き ません。英語に限らず言語一般と、音楽という2つの分野をシンクロさせて しまうとき、あたしはとても幸せになります。

2style.net