第1幕

異国の王子タミーノは大蛇に追われて逃げて くるが気絶してしまう。そこに夜の女王に仕える 3人の侍女が現れ、大蛇を退治する。彼女らは タミーノの端正な容姿を認め、 女王に報告に去る。

そこに鳥刺しパパゲーノがやって来る。 ちょうど意識の戻ったタミーノは彼が大蛇を 退治してくれたと思い込み、お調子者のパパゲーノ もその気になっていると、侍女たちが 戻ってきて、「嘘をついた罰に」とパパゲーノに 口枷をはめてしまう。

モゴモゴ言っているパパゲーノを尻目に、 侍女たちは、タミーノ に「悪者ザラストロにさらわれた パミーナ姫を救い出してほしい」と 女王が仰せだ、と伝える。 パミーナの絵姿を渡すと、タミーノは 美しさに舞い上がる。

すると女王が現れ、救い出したあかつきには 娘をやる、と歌い、去る。圧倒されてしまったタミーノ だが、絵姿を見て決心がつく。

いざ行かん、と思ったタミーノだが、パパゲーノ が助けを求めてすがりついてくる。結局口枷を外してもらい、 「嘘をつく者はみな口枷をはめられてしまえばいい。憎しみ、 中傷、怒りは消え、愛と強い絆が生まれればいい」と歌う。
タミーノには魔法の笛が、しぶしぶお供させ られることになったパパゲーノには魔法の 鈴が与えられる。さぁ出発だ。

舞台はザラストロの神殿。
パパゲーノパミーナ がいる神殿に忍び込み、貞操の危機に遭っていた彼女を救う。 そして自分は味方で、タミーノが 彼女を愛していると伝える。二人は愛の素晴らしさについて歌い、 ザラストロの部下たちの妨害を切り抜けて タミーノに会いに向かう。

タミーノは、ザラストロ の前でパミーナに初対面する。悪者だと 思わされていたザラストロは実は徳の高い僧 だった。彼はタミーノ パパゲーノに試練を課し、恋人たちを別れさせる。

MIDIつき台本ツアーへ

2style.net