2style.net

あがり症 克服

対人恐怖を最短で克服するための【KRTプログラム】

あがり症を薬で治す

あがり症とは、人前であがってしまって話せなくなったりする症状です。あがり症の原因はまず「自分はあがり症である」と思いこんでいることが挙げられます。あがり症が思いこみが原因の場合は、まず自分はあがり症ではないと自分に言い聞かせることです。あがり症は病気ではありませんが、本人にとっては深刻なのです。あがり症はこうすれば治す(なくす)という方法は残念ながら無いのです。まずは自分が本当にあがり症であるかどうかを知ることが大切で、あがり症であると思いこんでいるだけの場合は自分があがり症でないとわかれば、それで治ってしまうこともあるのです。

あがり症が治らず何とかあがり症の薬で治らないかと思っている場合には、あがり症の薬を処方する方法もあります。あがり症の薬として処方される薬として「インデラル」という心臓病の薬が多いようです。この薬は、βブロッカーと呼ばれる種類の心臓の拍動を抑える薬で血圧が下がり、緊張によるドキドキや震えなどを抑える作用があります。このあがり症の薬として適用できる「インデラル」は、新拍数上昇を抑える以外にも声の震えも緩和でき、汗をかきやすい人の発汗抑制作用もあり、呼吸を安定させたりすることもできるようですから、あがり症の薬として有用かも知れません。あがり症の薬として現実的な症状を抑えるという効果は「インデラル」で見込むことができますので有効でしょう。あがり症の薬としての「インデラル」は、医師の処方が必要なので医者に行くのに抵抗がある人は、若干効果が薄いかも知れないのですが「イララック」という薬が市販されていますので、試す価値はあるでしょう。

対人恐怖を最短で克服するための【KRTプログラム】

あがり症克服心理療法メニュー

2style.net