渡辺真由子 ”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”への誤解


 以下は、標題書(勁草書房2018年)が回収に至った件の報道の後に流布している誤解とか誤謬とかそのへんについて、簡潔に正すとかそういうアレでございます。

これだからフェミは

 その指摘は、ずれています。渡辺のこれまでの主張は、部外者によってしばしばフェミニストらしいフェミニストとしてくくられるラディカルフェミニズム教徒の典型とはずれています。集団的人権を直接に主張しないところは、その典型です。確かに両者の主張に重なりはあります。でも、注釈抜きで同一視するのは危険です。その種の言説は、ある種の方々に私とは違うと言わせることで免罪を許す前振りになりかねません。看板にフェミと描いてあるかどうかやあなたが想像するフェミなのかではなく、主張の内容と論理を問う方が生産的ではないでしょうか。

これだから左翼は

 特殊な見方ならそうも言えるんですかね。渡辺の指導教員は、右翼団体の常務理事です。主たる指導教員以外にも、警察官僚が指導に関与しています(標題書221-222頁とか博士論文審査報告参照)。そして渡辺は、国の様々な行事にも関与しています。たぶんwikipediaでも見てそこからググれば、仔細が明らかになることでしょう。そればかりか、家父長制的子供観を見せていた人でもあります。そんな次第で、仮に左翼だとするなら、相当に珍しい方だということになります。ぼくがきにいらないヤツは全部左翼だとするとかそういうアレでもなければ、左翼呼ばわりはできそうにありません。

これだから社会学は

 ちょっと無理があります。渡辺は、社会学分野の一般的な学会に加入していません。確かに、渡辺の「研究分野」に社会学を含めるものは見られます。researchmapがそうです。しかしそこでは、法学が筆頭に書かれ、その他三分野も併記されています。そして指導教員は曲りなりに法学の人です。かの作文も、主に法律の話です。もし、渡辺を念頭に社会学者はどうこうと言うなら、先に法学分野を叩くべきだということになりそうです。もっとも、渡辺の所属学会に法学の本流のものはありません。ですから、渡辺を法学者扱いするのもそれはそれで異議を挟まれるべきところでしょう。でもまあ強いて言うなら…という程度のまとめ方なら、どちらかあるいは他の何かを専門として捉えることができるかも知れません。その程度です。

コピペ!転載!

 ちょっと違っています。渡辺は、確かに、コピペした文章を利用しました。しかし、それらは書き換えられたりもしています。詳しくは、剽窃一覧以下の実例の通りです。単純なコピペや転載ではないということを、念頭に置いてください。版元の弁明も、この意味では不正確です。

著作権法の例外!無罪!

 脳内の結論に合わせて条文を読むような方には、そんな独自説も見られます。確かに渡辺は、政府が関与したものからも剽窃を実行しています。もしそれらが著作権法第13条等の例外に該当するならば、剽窃が問題とならないかも知れません。剽窃されたのは、告示や通達等のようなものではなく、論文や報告書でした。そして、そこを問わないとしても、残された問題があります。渡辺は、政府外の人が書いて民間で出版したものからも剽窃しています。それだけでも、許されない剽窃を見出すには十分です。詳しくは、剽窃一覧経由でご確認いただけます。

出典が書かれているのになんで叩かれるの

 引用の要件を満たしていないからです。渡辺は、明瞭な区分なく他人が書いたものを利用しています。これは、適法な引用ではありません。また、出典をはっきり書いているとはいえないようなところもあります。詳しくは、剽窃一覧経由でご確認いただけます。

創作に人権があるんですか?!

 そこに突っ込んでもあまり意味がありません。確かに、渡辺の主張の一部をそのように読むこともできます。もっとも、それは、詰めの甘いところへの皮肉を込めた読み方です。そういった内容は、渡辺が現行法を全く理解していないが故に書かれてしまったものではありますが、お話全体の本筋ではありません。標題書を通じて渡辺が主張しているのは、創作を規制して実在の子供の「人権」を守ろうとまとめられるような独自説です。迂闊な大声は、論点をずらすものとして反批判に遭うかも知れません。

渡辺先生は悪くない!

 そういう認識ができるのは、あなたの頭が重篤なチャレンジを受けているとか、疾病的な状態にあるからです。渡辺がやったことに問題がないのならば、版元が書籍を絶版にして回収するようなことにはなっていません。博士号を取り消されてもいません。たぶんあなたに正常な判断力はありませんので、保護者の監護下で適切な治療を受けるなどしてください。エスパーじゃないので確実なことは言えませんけどね。

内容が間違っているわけじゃない!

 平気で剽窃をやってのける輩の言うことが信用されますかね…ってのはともかく、詳細頁に書いてある通り、渡辺説は細部から全体まで出鱈目で構成されています。残念ながら、あなたの妄想には無理しかありません。
 これくらいの出鱈目ですと、むしろ、結論に同意する者こそが渡辺を許してはならないのではないか。そうお訊ねを返しておきます。


↑↑↑文献  ↑↑渡辺  ↑この件頭

中の人をフォロー  
書誌・所蔵等
 cinii  Webcat
 版元  カーリル
→入口頁へ
→剽窃一覧
→詳細頁へ
2style.net