渡辺真由子 ”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”細目次


 ここでは、別頁以下の内容に関する確認のために、標題書(勁草書房2018年)の細目次を挙げる。頁数は、本文部分のものを基準とし、冒頭および末尾の独自付番を無視した。詳しくは、入口頁等から確認されたい。

細目次

部分名称
はしがき-09
序章創作子どもポルノはなぜ問題か001
1「表現の自由」と創作子どもポルノ001
(1)表現の自由の限界001
(2)創作子どもポルノをめぐる現実と科学的データ003
(3)創作子どもポルノ問題の本質007
2子どもの性被害とメディア009
(1)狙われる子どもの性009
(2)性的メディアにおける描写の問題点011
3国際社会から日本への批判014
(1)子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議014
(2)海外の性犯罪にも使われる日本製創作子どもポルノ015
4研究の目的と手法018
(1)問題意識と研究目的018
(2)リサーチ・クエスチョン018
(3)調査手法019
第一章日本の法と子ども観027
1「子ども観」とは何か028
2法における子ども観の分析の必要性029
3「子どもの人権」に関する国内法の子ども観030
(1)「家父長的国家主義的子ども観」030
(2)「開放的子ども観」の不足033
(3)「子どもの性」に関する法の子ども観036
4先行研究との関連で見た本研究の位置付け037
第二章児童ポルノ禁止法の第二次改正に関する立法過程041
1立法関係者の議論と分析043
(1)立法関係者の議論043
(2)立法関係者の議論の分析050
2出版業界の議論と分析052
(1)出版業界からの意見表明052
(2)出版業界の議論の分析054
3弁護士会の議論と分析055
(1)弁護士会からの意見表明055
(2)弁護士会の議論の分析058
第三章性表現規制に関する判例061
1性表現規制の系譜062
2わいせつ表現規制をめぐる判例 −「松文館事件」063
(1)刑法一七五条の保護法益064
(2)刑法一七五条と表現の自由及び国民の知る権利065
(3)本件マンガ本のわいせつ性067
(4)判決072
3児童ポルノ規制をめぐる判例073
(1)児童ポルノに関する従来の判例073
(2)CGによる創作物を児童ポルノと認定した初判例076
4性的有害表現規制をめぐる判例077
第四章性表現規制に関する学説081
1わいせつ表現規制に関する学説と分析082
(1)わいせつ表現規制に関する学説082
@わいせつ概念の要素083
Aわいせつ規制の根拠085
Bマンガ規制086
(2)わいせつ表現規制に関する学説の分析087
2児童ポルノ規制に関する学説と分析089
(1)児童ポルノ規制に関する学説089
@児童ポルノの定義089
A創作物規制093
(2)児童ポルノ規制に関する学説の分析094
3性的有害表現規制に関する学説と分析097
(1)性的有害表現規制に関する学説097
@青少年保護を目的とした有害図書規制098
A規制手段の合憲性098
1 過度の広汎性098
2 明確性099
3 事前抑制禁止の法理099
(2)性的有害表現規制に関する学説の分析101
第五章国際条約の児童ポルノ規制の枠組み107
1子どもの商業的性的搾取に関する国際条約の変遷108
(1)子どもへの権利付与108
@子どもの権利条約に見る「子ども像」の転換108
A子どもの権利条約とCSEC110
(2)子どもポルノの犯罪化へ111
@ILO一八二号条約「最悪の形態の子ども労働」111
A子ども売買等選択議定書113
(3)インターネット上の子どもポルノへの対応114
@サイバー犯罪条約114
A性的搾取・性的虐待子ども保護条約115
B性的搾取・性的虐待子ども保護条約と日本117
2国際条約における子どもポルノの位置付け119
(1)「子どもポルノ」とは何か119
(2)創作物への対応120
3世界会議の宣言124
第六章諸外国の児童ポルノ規制の枠組み131
1アメリカ132
(1)児童ポルノ規制132
@児童ポルノ規制の系譜132
A「児童ポルノ」の定義規定135
B児童ポルノに関する連邦法の用語の定義137
C実在する未成年者の描写を規制する規定139
(2)わいせつ物規制141
(3)実在しない児童を描写したマンガやアニメ等のポルノの規制143
@実在しない未成年者の描写も規制する規定143
A規制の適用例と裁判145
2イギリス146
(1)児童ポルノ規制146
@児童ポルノ規制の系譜146
A「児童ポルノ」の定義規定151
B「いかがわしい」の判断基準154
(2)わいせつ物規制155
(3)実在しない児童を描写したマンガやアニメ等のポルノの規制156
3カナダ160
(1)児童ポルノ規制160
@児童ポルノ規制の系譜160
A「児童ポルノ」の定義規定161
B判例の動向163
(2)わいせつ物規制166
(3)実在しない児童を描写したマンガやアニメ等のポルノの規制167
終章日本における創作子どもポルノ規制のあり方とは175
1リサーチ・クエスチョンへの回答175
(1)国際条約及び諸外国は、どのような枠組みで児童ポルノを規制しているのか176
@国際条約における児童ポルノ規制の枠組み176
Aアメリカにおける児童ポルノ規制の枠組み180
Bイギリスにおける児童ポルノ規制の枠組み181
Cカナダにおける児童ポルノ規制の枠組み183
D国際条約及び諸外国における児童ポルノ規制の枠組みに見られる概念184
(2)日本と国際条約及び諸外国の制度で、児童ポルノ規制について異なる視点は何か184
@日本における児童ポルノ規制の視点185
A国際条約及び諸外国における児童ポルノ規制の視点191
B日本と国際条約及び諸外国の制度における、児童ポルノを規制する視点に見られる概念192
(3)創作子どもポルノは、日本の現行法の枠組みで規制できるか193
@わいせつ物規制法と創作子どもポルノ194
A児童ポルノ禁止法と創作子どもポルノ197
2人権保護の観点からのアプローチ200
3刑法における創作子どもポルノ規制205
(1)運用面での改善205
(2)新規立法207
4児童ポルノ禁止法における創作子どもポルノ規制211
(1)運用面での改善212
@構成要件の見直し212
A「科学的データ」から「人権」へ213
(2)改正215
あとがき219
参考文献223
索引235


↑↑文献  ↑この件頭

中の人をフォロー  
2style.net