ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS) 【ポルノ会】 の研究

ポルノ会の文献


ページの一覧 対処

 ここでは、ポルノ被害と性暴力を考える会に関係する文献を列挙し、概説しまたはそれらに関係するページへのリンクを示す。
 検索と接触について特に注記する。これらの文献は、一般的な図書館には所蔵されていなくても、自治体の「男女共同参画」と名に入る部署が管轄するような会館の図書室に置かれていることがままある。それらは、図書館等が提供する横断的な検索の対象となっていないことが通例である。そして、横断検索各種は、しばしば検索漏れを起こす。現物に接触するためには、その種の施設が提供する独自の検索を試みることが、早道となりがちである。

 これらからは、ポルノ会が主張する説をより細かく知ることができる。のみならず、関係者といえど常にポルノ会的な意味不明な供述を繰り返している訳ではなく、むしろある程度説得的な言説を残すこともなくはないことを発見できる。

ページの一覧

ページ内容
総攬 取り扱い文献を一覧できる。探し物がある場合、ここを開けてページ内検索をするようお勧めしておく。
証言 ポルノ会の編書『証言現代の性暴力とポルノ被害』全体を扱う。関係者多数が関与している。
 ポルノ会の編書『森美術館問題と性暴力表現』全体を扱う。関係者多数が関与している。
横田千代子 代表世話人横田千代子が書いたある時点で検索可能なもの全部他を扱う。他のページで扱ったものへのリンク等もある。
湯澤直美 代表世話人湯澤直美が書いたもの各種を扱う。他のページで扱ったものへのリンク等もある。
宮本節子 代表世話人宮本節子が書いたある時点で検索可能なもの全部他を扱う。他のページで扱ったものへのリンク等もある。
中里見博 中里見博が書いたもの各種を扱う。他のページで扱ったものへのリンク等もある。
角田由紀子 角田由紀子が書いたもの各種を扱う。他のページで扱ったものへのリンク等もある。
宮本他編 代表世話人宮本節子らの編書『婦人保護施設と売春・貧困・DV問題』を扱う。宮本の寄稿の他、横田千代子・田口道子が扱われている。
湯澤他編 湯澤直美他編『子どもの貧困 子ども時代のしあわせ平等のために』の一部を扱う。横田千代子も寄稿している。
反貧困の学校 宇都宮健児・湯浅誠編『反貧困の学校』の一部を扱う。湯澤直美らが寄稿している。
戒能編著 戒能民江編著『危機をのりこえる女たち』の一部を扱う。湯澤直美・横田千代子が寄稿している。
杉本編 杉本貴代栄編著『フェミニズムと社会福祉政策』の一部を扱う。湯澤直美・宮本節子が寄稿している。
中里見本 中里見博の単著『ポルノグラフィと性暴力』を扱う。
クローズアップ憲法 小沢隆一編『クローズアップ憲法』第2版の中里見博担当部分を扱う。
法的人格 中里見博「法的人格のジェンダー・クリティーク」を扱う。
性の法律学 角田由紀子著『性の法律学』を扱う。
性差別と暴力 角田由紀子著『性差別と暴力』を扱う。
川畑対浅井 ポルノ会と関係を持つ浅井春夫による川畑智子への非難を扱う。
漂流少女 橘ジュンの著書『漂流少女』を扱う。
基盤 マッキノン他『ポルノグラフィと性差別』・『キャサリン・マッキノンと語る ポルノグラフィと売買春』と『ドウォーキン自伝』を扱う。
頭脳 その場で読める関係者の原稿の一部を見本的に扱う。
被評 関連文献を主として採り上げる書評を扱う。
一部の文献 ある程度細かく言及するに至っていない文献を扱う。


対処

 これらの物の所有権を獲得した場合、一般的には白ポストに投棄することが望ましいと考えてよさそうな気がしないでもない。




中の人をフォロー  
2style.net