MAKING カミロイド達の作り方

チビロイドの作り方
 イベント時に販売しているチビロイドの作り方を紹介。


チビロイドの作り方

チビロイドのメイキングを
チビロイド達と一緒に紹介します。

とりあえず落描き程度にスケッチをし、
簡単な寸法を計算します。

カミロイドは
展開図式のペーパークラフトとは違うので、
ガチガチな設計図は書きません。

カミロイドの主材料、
タントという紙を短冊状に切っていきます。

今回は沢山のチビロイドを作るので、
沢山切り出します。

革工芸用の穴開けポンチを使って、
紙を丸く切り出していきます。

この作業にはとっても力がいるので、
写真位の数を切り抜くと、
腕が使い物にならなくなります(>_<)

切り出した部品は
100均ケースに分別して入れます。

チビロイド一体辺り、
40程の部品で構成されています。

先に切り出した短冊状の紙を
ポンチ等の棒に巻きつけて、
リングをいくつも作ります。

接着には木工用ボンドを使っています。

カミロイドを作る上で欠かせないツールの登場!

熱で接着材を溶かして接着するグルーガンです。

先に作ったリングに
ポンチで切り出した丸い紙で蓋をし、
中にグルーを充填します。

これで、紙なのに潰れない部品が完成します。

小さいポンチで切り出した目と、
ほそーく切った紙を顔に貼り付けます。

以上の工程を経て、全ての部品を完成させます。

チビロイドの胴体部分に使う爪楊枝に
マーカーで色を付けて、必要なサイズに切ります。

中に充填されたグルーの弾力を生かし、
爪楊枝と針金を差し込み、組み立てていきます。

この作業にはかなりの力とコツを要します。

更に組み立て、
いつの間にか出来ていた手足も差し込みます。

すると・・・、

チビロイドの完成です!

↑上へ戻る






2style.net