ナースも靴を履く時代?

最近、ナースサンダルをはいている看護師さんはずいぶん減った印象があります。
むしろキチンとした靴をはいて仕事をしている看護師さんの方が大多数を誇ります。どうしてなのでしょうか?

その理由としては、「看護師を守る」という側面があったそうです。

ナースサンダルというと、かかとの部分がむき出しになっていたりします。
サンダルは履きやすく作られていますが、その半面、すぐに脱げたりするデメリットがあります。
この脱げやすいというサンダルの特徴が、看護師の場合、危険な状態にさらされる恐れがあるわけです。

病院では当然ながら注射針などを使います。 また、患者さんの中には出血した状態で病院の中に入ってくることがあります。
そんなことから病院の床には、注射針や血が残される可能性が全くないとは限りません。 そこで脱げやすいサンダルをはいてこれらのものを拾ってしまうと何かの病気に感染するリスクが高まってしまうのです。
それを避けるためにちゃんと足を覆う形の靴が段々と主流になってきているそうです。







メンズコスメ
2style.net