パチスロ 新鬼武者 打ち方

通常時の打ち方

リール配列 通常時は小役を完全奪取可能なうえ、成立役を特定しやすい青7狙いの打ち方がオススメ。中段チェリー停止時は右リールに赤7を狙えば確定チェリーを、スイカ停止時は右リールにBAR、中リールにスイカ付きの赤7を狙えば1枚役の成立を確実に見抜くことができる。

また、1000円あたりのゲーム数は30.5〜32.0Gと設定によって異なり、これは設定によって小役の出現率が異なるからとなっている。小役で最も設定差が大きいのは共通ベル確率となっており、設定判別の主軸とはならないが、サブ的な要素としてカウントしておけばより精度の高い設定判別を行うことができるだろう。

最初に狙う絵柄 停止パターン1 停止パターン2
最初に狙う絵柄 停止パターン1 停止パターン2
左リール上・中段に3番のチェリーを狙う 【成立役】
弱チェリー・強チェリー
【成立役】
中段チェリー・確定チェリー
停止パターン3 停止パターン4
停止パターン3 停止パターン4
【成立役】
ハズレ・通常リプレイ・押し順ベル・突入リプレイ
【成立役】
通常リプレイ・スイカ・共通ベル・1枚役

ボーナス中の打ち方

■BIG・REG共通
ボーナス中の打ち方 基本的には適当打ちで消化すればOK。

BIG平均消化ゲーム数 34G
REG平均消化ゲーム数 10G

フリーズ発生時のみ全リールに青7を狙おう。斜めに青7が揃えば89%継続が確定する。

BIG1回あたりの7揃い期待度 0.4%
REG1回あたりの7揃い期待度 1.3%

BIGとREGによってフリーズの発生率が異なり、REGはBIGと比較すると10倍程度フリーズが発生しやすいようだ。なお、フリーズ発生以外は適当打ちで消化してOKだ。

こちら パチスロ 新鬼武者のボーナス直撃打法はこちら

2style.net