アロマテラピーとは

心と体をリラックスさせるアロマテラピーは、ストレス社会といわれる現代社会ではとても有効なリラックス方法です。植物の持つ香りや成分を利用して、幸福感を味わったり、また健康維持にも役立てることができます。

アロマテラピーには、植物から抽出したオイル=エッセンシャルオイルを使用します。アロマポットやお風呂にオイルをたらして、のんびりと香りを楽しむのはもちろん、美容のためにお肌にトリートメントを行なうこともあります。

アロマを使った虫よけ

夏のレジャーは大変楽しいものですが、虫対策は万全にしないと楽しみも半減してしまいます。なんといっても虫よけスプレーは必需品! お子さんなど、特に蚊に狙われやすいですから。でも虫よけスプレーの中には、匂いがきついものもあります。では市販の虫よけスプレーを使わずに、虫よけの効果が期待できるものはないのでしょうか?

エッセンシャルオイルとは?

エッセンシャルオイルは「精油」と呼ばれ、ハーブなどの植物の有効成分を抽出した揮発性のオイルです。植物の葉や花、果皮、樹皮、樹脂などから得られ、植物により異なる香りや成分を持っています。

エッセンシャルオイルの抽出方法

水蒸気蒸留法・・・原料となる植物を蒸留釜に入れ、下から水蒸気を通します。芳香成分を含んだ水蒸気を冷却管で冷やし、水と分離するとエッセンシャルオイル(精油)が得られます。一緒に得られる水は「フローラルウォーター」と呼ばれ、水溶性の芳香成分が溶け込んでおり、わずかに香りがあります。

圧搾法・・・果実の皮から抽出する場合に用いられます。果皮を絞り、放置すると、果汁と分離した精油がとれます。オレンジ、レモン、グレープフルーツなどは、この抽出法により抽出されます。

溶剤抽出法・・・花や樹脂から抽出する場合に用いられます。原料を石油エーテルなどの揮発性溶剤につけると、芳香物質が溶け出します。溶剤を揮発させると、香り成分と植物ワックスの塊(=コンクリート)ができ、これをさらにエタノールにつけると、再び芳香物質が溶け出します。最後にエタノールを揮発させれば完了です。ジャスミン、ローズ、ベンゾインなどは、この抽出法により抽出されます。

二酸化炭素抽出法・・・超高圧の二酸化炭素ガスを利用した抽出法です。高圧をかけて液化した二酸化炭素を使い、植物の芳香成分を抽出します。その後、常圧に戻して二酸化炭素を気化させれば、エッセンシャルオイルの出来上がりです。

テンプレートのpondt

2style.net