Fairy Land

不況下の動きというのは、読みづらさはそれほどありません。ただ、微小な単位で見ていくと、やはりそこには細かな上下動があります。例えば、リーマンショックの際などもそうです。

リーマンショックがあった2008年9月から12月にかけて、ほとんどの為替は大幅な下落を見せました。これは各通貨ペアの為替チャートを見ればわかります。ただし、それはあくまで数ヶ月単位でのことです。

例えば、その中のとある一日間にだけ絞れば、上昇を見せているものも少なくありません。ただ、その上昇は一時的なもので、直ぐまた下降トレンドに戻ります。このような下降トレンド時の一時的な上昇をFX用語で「戻り」と言います。



2style.net