イトーキ レビーノ(LEViNO)

国産メーカー「イトーキ ITOKI」のワーキングチェア レビーノチェア(LEViNO)KE-627・エクストラハイバック・アジャスタブル肘付き購入。 楽天で74,550円送料税込。 受注生産ということで、注文から納入までに約3週間かかりました。

購入したショップは楽天のすてきいろいろインテリア屋マート(2009年末閉店)。 イトーキ レビーノ

レビーノ正面 届いてまずビックリしたのが、箱が大きいことw 玄関の小さいお宅じゃ入らないんじゃない?(・・;) と言うことで外に置いてもらって外で開包。 が、また椅子自体が重いので(カタログ値22kg)、家の中に搬入するのに苦労しました。

座面の奥行きは、4cmの範囲で3段階に調節可能。
一番引き出した状態なら、この上で胡坐を組むのも楽です (管理人は身長171cm・体重56kg)。 でも、背もたれを最も立てた状態で胡坐を組むとちょっと前にずり落ちそうになります。 座面が微妙に前傾している感じ。(ロッキングさせればこの感じは無くなります)

ヘッドレスト

ヘッドレストの角度調節範囲 高さは56mmの範囲で6段階、 角度は45°の範囲で4段階に調節可能。

角度調節は座ったまま後ろ手でも動かせるのですが、高さ調節はかなり硬いです。 管理人には高さがもっと下げられる方が良かった。

ランバーサポート

背面 背もたれの後ろに出っ張ったシルバーのフレームを持ってランバーサポートを調節します。 高さは5cmの範囲で5段階、突出量は3cmの範囲で4段階に調節可能。

どの位置に調節しても気持ちイイ♪ 座面奥まできちんと座ると、腰から背骨にかけてのSの字にクルッとフィットする感じ。

肘かけ

肘かけ 大きさは、縦17cmの横7cm(実測)。 調節範囲は、高さが約10cmの範囲で約1cm刻み、 首振りは外側に20°〜内側に60°の範囲で5段階、 先端の上向き角度が15°の範囲で4段階。
調節ボタンの押し具合とか動きは、カチャカチャと安っぽい。
素材はポリプロピレン製で、硬いですけど肌触りは悪くない。 ツルツル滑ったりもしません。

肘かけまで机に収まる 座面と肘かけを一番下げた時の肘かけ上端までの高さは60cmを切るので、 管理人の机の場合、肘かけまで下に収まります。 これはスペース効率的にかなりポイント高いです(^^♪

布地

グレーW5 選択した張地カラーは「グレーW5」。 布地の感じは、毛羽立ちもなくサラッとしていて感触が良いです。
拡大画像(619k)

ロッキング

ロッキング固定範囲 ロッキングは硬さ調節が可能で、 一番柔らかくした場合、体重をかけるだけでフニャ〜っと最後方まで倒れます。 またロッキングと連動して座面後部も下がり、座面からずり落ちそうになる感覚もなくなります。

右の画像のように、初期状態から最後方まで、合わせて計4段階で固定可能。

レビーノとOAチェア比較

レビーノとOAチェア これまで使っていた3,980円のOAチェアと比較。
レビーノの、太ももからお尻・腰・肩まで受け止めてくれるようなサポート感はOAチェアでは得られない。
肘かけは、見た目安っぽいけど機能はしっかりしてくれる。

ただ、座ったまま床のカーペットを蹴るだけでスーッと動いてくれる機動力はOAチェアが上(^^♪

基本的に用途が違う感じ。 長時間のパソコン作業やDVD鑑賞などではレビーノ、 立ったり座ったり動き回ったりの作業ならOAチェアの方が使いやすいです。

レビーノ 2ヶ月使用した感想(2006年11月28日)

上のOAチェアを使用していた時は、 立て膝をついたりお尻の位置を動かしてみたり、 ずっと同じ姿勢で座っていられなかったのですが、 レビーノに替えてからはそれが少なくなりました。 長時間座ったときの腰の痛みも無くなりました。 お尻と腰が温かく感じるようなサポート感が非常に良いです♪
肘掛は、これがあることでデスクの上に肘を乗せなくて済むので、 その分デスクが広く使える・モニターとの距離が遠く保てる、という事が良かったです。
あとヘッドレストは、パソコン作業時はほとんど使っていません。 イトーキのWebサイトには後傾姿勢で使っている画像がありましたが、 管理人にはあの体勢が窮屈で向かない模様。

スポンサード リンク