Logicool MX310

パソコンを使用していて、一番長く触れているものと言ったら、 マウスですね。 キーボードはあるだけで殆ど触らないという方も多いと思います。  逆に言えば、マウス一つであらゆる事が出来るからこそ、今のパソコンは便利だとも言えるんでしょう。

さてこのマウスですが、世の中には「Microsoft」か「Logicool」の製品しか使わないという人がいます。 それだけこの2社の製品には定評があります。
管理人は、自作パソコンを使い始めたときから長年、ワゴンセールで980円で買った無名メーカーのマウスを 使っていました。 このマウスは、2ボタンの何の変哲もないマウスでしたが、 非常に精度が悪く、マウスに触っていなくてもカーソルが「ツツーッ」と動くこともしばしばでした。

そこで、2004年の3月に『Logicool MX310』という6ボタン式のオプティカルマウスを買いました。 オプティカルマウスとは、マウスの底面から赤いセンサーを放ち、この光による陰影を検地してマウスの動きを 判断するものです。センサーが非接触式のため、マウスパッド無しでも使えます。 管理人は机の上に紙1枚敷いて使っています(新しく購入したgarageのYYテーブル上なら紙無しでも使えます)。また、マウスのボールがないため掃除する手間が省けます。

Logicool MX310(17インチモニターで解像度1024*768ならほぼ実物大)
Logicool MX310

Logicool MX310 の特徴

1から5までのボタンとホイールを合わせて6ボタン式になっています。

1と2のボタンは、普通のクリックボタンです。「カチッ、カチッ」という正確な音が気持ち良いです。

このマウスの最大の売りが、3・4・5のボタンです。
まず、3と4のボタンがブラウザの「戻る」と「進む」の役目をしてくれます。 特に3のボタンは親指を僅かに動かすだけで押すことが出来るので、 ネットサーフィン中ちょっと前のページに戻りたい、という時非常に便利です。
5のボタンは、「アプリケーションの終了」ボタンとして使っています。 開いているアプリケーション上にカーソルを持っていって、このボタンを押せば終了します。

また、これらのボタンはそれぞれカスタマイズが出来るので、自分の好みに変更可能です。

このマウスがあれば、ネット生活がさらに快適になることは間違いないです。オススメします。

Logicool MX310仕様

  1. Windows 95/98SE/NT4.0/2000/XP
  2. Mac OS8.6以降
  3. USBポート
  4. PS/2マウスポート
  5. 5年間無償保証
スポンサード リンク