NECの低価格サーバを購入

>>SSDにWindows10をインストール(2016年4月)
>>前面ヘッドホンジャックのノイズ対策

デスクトップPCとしても普通に使えると人気のNEC製サーバ「Express5800/S70 タイプPJ」を購入しました。

2011年12月、NTT-Xストアでクーポン割引後12,800円(送料無料)
Express5800/S70 タイプPJ

Pentium Dual-Core E2160の自作マシンから4年ぶりの新PCです。

筐体の高さ36.5cm、奥行き42cm、幅17.5cm(実測)。
下部にマイク・ヘッドホン端子とUSB2.0端子2個。
リセットボタンはありません。
前面

ドライブはカバー内。
ドライブ

背面。
PS2マウス&キーボード、DVI-D端子装備。USB2.0端子は6個。
主電源スイッチはなし。
サイドパネルの留めネジは手で回せるタイプ。
背面

内部。
PCI-Express x16スロットもあるのでビデオカードの増設も可能。
ただしIDEポートは無く、古い資産(ドライブ・HDD)の流用は不可。
↓クリックで拡大↓
マザーボード

キーボードとマウスも付属。 OSは付属しません。
内容物

基本スペック
CPU Pentium G6950 2.8GHz LGA1156
チップセット インテル3450
メモリー DDR3-1333 標準1GB
HDD Western Digital WD1602ABYS 160GB SATA 16MBキャッシュ
ドライブ H.L DATA STORAGE DVD-ROMドライブ SATA接続
ビデオカード なし(CPU内蔵。ビデオメモリ最大128MB)
電源 DELTA 400W 80PLUS BRONZE
OS なし
製造国 ASSEMBLED IN JAPAN

メモリー増設

標準の1GBではVistaは辛いのでPCショップarkより国産ブランドSanmaxのSMD-8G68NVLP-13H-D DDR3-1333 8GB(4GBx2枚組)SET CL9を購入。 送料税込3,880円
sanmax-smd-8g68nvlp-13h-d

チップはELPIDA TWN。
エルピーダ

Vistaをインストール

OSは付属しないので手持ちの「Vista Home Premium SPなし」をインストール。

私の使うPCI接続タイプの無線LANアダプタ「プラネックス GW-DS54GR」はVista標準ドライバで動きました。なので事前にドライバやサービスパックの用意はせずWindows Updateで全てインストール。
プラネックス GW-DS54GR

メモリーもちゃんと8GB認識。
express5800-s70-pj-vista.jpg(28714 byte)

エクスペリエンス インデックスの推移

前環境との比較。OSはVista。

Windowsエクスペリエンス インデックス
  ●前マシン
Pentium DC E2160 2.7GHz
GeForce 7100
PC2-6400 DDR2 4GB
チップセット内蔵グラフィック
●Express5800/S70 PJ
Pentium G6950 2.8GHz
インテル 3450
DDR3-1333 8GB(デュアル)
CPU内蔵グラフィック
プロセッサ 5.7 5.5
メモリ(RAM) 4.9 5.9
グラフィックス 3.5 4.3
ゲーム用 3.0 4.1
ハードディスク 5.4 5.9
スーパーπ104万桁 25秒 15秒
FF11ベンチ3
low
high
 
4851
2717
 
5094
3473(とてつよ)
FF14ベンチ(low) 101 301

Vistaでは5.9が上限値です。

プロセッサの値はPentium Dual-Core E2160の2.7GHzオーバークロックより何故か低下。 しかしベンチマークでは大幅上昇。

前環境ではカクカクしていたYouTubeの1080PのHD動画もスムースに再生出来て感動。

前面ヘッドホンジャックのノイズ対策

フロントパネルにある黄緑色のヘッドホンジャック、私の買った個体はヘッドホンを挿すとノイズが乗るので、2ちゃんねるの掲示板やwikiにあった対策を施してみました。

まずサイドパネル・フロントパネルを外して、ヘッドホンジャックの収まる金属カバーのビス1本を緩めて取り外し。 コネクタはそのままでもOK。ケーブルを引き出せば作業しやすくなります。
取り外したこの時点で既にノイズは消えてます。
express5800-s70-pj-7.jpg(24109 byte)

さらに金属カバーと基板を留めるビス2本も取り外し。
この基板、Made in Japanです。
express5800-s70-pj-8.jpg(23370 byte)

この基板のビス留め部分(銅色)と、

ジャック先端の横に付いているバネ?が金属カバーと接触していることがノイズの原因らしいです。
express5800-s70-pj-9.jpg(24923 byte)

そこで、
カバー内側のバネが当たる辺りにビニールテープを貼り、
express5800-s70-pj-10.jpg(28653 byte)

基板のビス穴周りの銅色部分にも同様に貼り付け。
express5800-s70-pj-11.jpg(33033 byte)

裏側にも。
express5800-s70-pj-12.jpg(24613 byte)

そして基板をビス留めし、
express5800-s70-pj-13.jpg(25059 byte)

筐体に戻して完了。
express5800-s70-pj-14.jpg(37290 byte)

電気ド素人の私でも、この対策でノイズが嘘のように解消しました。

注意:金属カバーを留めているビス(1本)と基板を留めているビス(2本)はネジピッチが違うので区別。私間違えて危うくネジ山がバカになりかけました(^_^;)

PCカート購入

前面端子の位置が低すぎるのでホコリ対策と使い勝って向上のためにPCカートを購入しました。

サンワサプライ CPUスタンド 「CP-031」。
CP-031
楽天でもamazonでも1,000円ほどで売ってます。

これに載せることで床から7.5cm上昇。
7.5cm高くなる

しかしサイドパネルが開けにくくなってしまいました。
サイドパネル

プラスチック製ですがキャスター5個仕様で安定感はあります。 でもパソコン本体だけ持って動かすとアームが開いたり本体だけ滑ってズレたりします。。

消費電力測定

電源OFFでコンセントに挿した状態の待機電力は0.8W。

起動後のアイドル状態では39Wあたり。
普段使いでも40W前後をウロチョロ。
スリープ時の消費電力は2.8W。

軽い動画ファイル再生時は40W台、重いHD動画になると60Wを越える時もあります。

温度測定

温度測定結果(ソフトはPC Wizard 2010)
  室温34℃(7月中旬)
Core1
Core2
39℃〜42℃
37℃〜39℃
ハードディスク 44℃

Windows 8 pro 導入

Vista 32bitから、優待価格で安かったWindows8 pro 64bitに交換しました。

今までのバージョンよりインストール時間も短く済み、ライセンス認証もネットで完了。

電源ボタン押してからの起動時間は、Vistaが約60秒だったのに対して、8 proは約30秒。

Windowsエクスペリエンス インデックスは下記のように変化。

  Vista 32bit Windows8 pro 64bit
プロセッサ 5.5 6.5
メモリ(RAM) 5.9 7.2
グラフィックス 4.3 4.3
ゲーム用 4.1 5.1
ハードディスク 5.9 5.9

まだゴミも少ない状態ですが、Vista 32bitのメモリー容量制約も無くなってか、動作が非常に軽快。

逆に、ウィンドウの影や半透明といった効果が無くなり見難くなった感じもあります。

SSDにWindows10をインストール

Windows10に無料アップグレードするのに合わせてSSD「Kingston SSD Now V300 120GB」を購入。 NTT-Xストアで税込4,480円
V300

マイクロソフトのサイトのメディア作成ツールを使ってまっ更なSSDにWin10をクリーンインストール。 HDDのコネクタ付け替えからインストール完了まで掛かった時間は30分くらい。

起動に掛かる時間は、Windows8.1+HDDと比べて少し速くなったかな〜程度ですが、画像やファイル一覧の読み込み速度は劇的に高速化。 静音性も確実にアップしてますが、今度は電源とCPUクーラーのファン音が気になり出しました。

アイドル状態の消費電力は33W前後で、Windows8.1+標準HDDよりも6〜7W低くなってます。

ベンチマーク結果
・IDEモード
Read 204MB/s、Write 125MB/s

・AHCIモード
Read 281MB/s、Write 130MB/s

Windows8.1+標準HDDの結果
Read 86MB/s、Write 88MB/s

Windowsエクスペリエンス インデックスの結果は・・・

  Windows10 pro
+
SSD
Windows8.1 pro
+
HDD
プロセッサ 6.6 6.4
メモリ(RAM) 7.2 7.2
グラフィックス 4.3 4.3
ゲーム用 9.9 5.1
ディスク 7.05 5.9
スポンサード リンク