スパムメールを防ごう

2009年5月追記

先日、管理人のメールアドレスに実名入りのスパムメールが届きました。 差出人は出会い系サイトでした。 そのサイトへ行ったことも無く、もちろん登録などもしていないのですが、 実名が入ったメールが来たということはどこかで私の個人情報が流出したのでしょう。
一旦流出してしまったものはもうどうしようもないので、この迷惑メールが来なくなった対処法を書いておきます。
といってもこの迷惑メール相談センター情報提供フォームから この迷惑メールの情報を送信しただけです。 これで次の日にはメールが来なくなりました。
しかしこの後、別の出会い系サイトからも同じようなメールが来るようになりました。 これも上記の対処法で次の日にはパッタリと来なくなりました。

ポイントサイトに登録したり、ホームページでメールアドレスを公開したりしていくうちに、全く心当たりの無いメールが届くようになります。  このような、こちらが望まないのに勝手に送りつけられる迷惑メールのことをスパムメールと呼びます。  その多くは、アダルト系の宣伝や高額商品購入の勧誘だったりするので、受け取る側はとても不愉快です。  このスパムメールの配信者は、あらゆる手段を用いてメールアドレスを手に入れます。 よって、こちら側としてはメールアドレスの流出を防ぐことよりも、 メールボックスに入らないようにすることがスパムメール対策の最大の手段となります。

Microsoftのアウトルック・エクスプレス(OE)の場合、 受信トレー内のスパムメールを選択し、「メニューバー」の「メッセージ」から「送信者を禁止する」を クリックします。 そうすることで、その後その送信者からのメールは自動で「削除済みアイテム」に入るようになります。

Yahoo!メールの場合は、Yahoo!メールにログインして、画面の右上の方にある「メールオプション」をクリックします。  次にメールオプション・メール管理の中の「フィルターと受信通知設定」をクリックします。 そして、フィルターの「新規作成」をクリックしてフィルターの追加のFrom欄にスパムメール送信元のメールアドレス を入力します。 その後「保存」ボタンをクリックすれば、フィルターが機能し出します。
また、「メールオプション」内の「受信拒否」をクリックして受信拒否アドレスを追加欄にメールアドレスを入力しても、受信を拒否することが出来ます。

この他にも、ノートン・インターネットセキュリティやウイルスバスターといったウイルス対策ソフトでも スパムメール振り分け機能を使ってスパムメールを排除することが出来ます。

もしスパムメールを受信しても、その配信元に返信したり、メール内のURLをクリックしたりすることは絶対にしては行けません。 更なるスパムメールを呼んでしまいますので。

スポンサード リンク