Antec TruePower Trio TP3-430

約1年間メインPCとして使用してきたAOpenのベアボーンM3661-Pの静音化のために 電源を替える事にしました。

1万円以内・容量400W以上・ちゃんとしたメーカー製といった条件から
・Antec EA 430
・Antec TP3-430
・オウルテック SS-400ET
・ENERMAX ELT400AWT
・ENERMAX EG465P-VE FMAUV2.2
あたりに候補を絞りました。

どれを選んでも良さそうだし、これといった決め手も無かったのですが、 この中で唯一メーカー5年保証が付くAntec TruePower Trio TP3-430を選択しました。 購入したのはTSUKUMOネットショップで税込8,980円。(2007年11月中旬)。

注文した日の翌々日に到着、早速箱から出しました。
Made in Chinaでした。
↓クリックすると大きな画像で見られます↓
TP3-430出力

底面の12cmファン。ファンガードは金色
12cmファン

後ろの排気部分。
後方

横面にはAntecのロゴが。
ロゴ

ケーブル・コネクタ全貌。 ケーブルの長さは下記ケースとmicroATXサイズのマザーボードs661FXm-USには十分すぎます。
↓クリックで大↓
ケーブル・コネクタ

各ケーブルの根元から先端までの長さは、
・20/24ピン電源コネクタ 55cm
・CPU補助4ピン電源コネクタ 55cm
・PCI-Eコネクタ 55cm
・シリアルATAコネクタ 65cm
・ドライブ用4ピンコネクタ 83cm
全て実測値。

CPU補助4ピン電源コネクタのみでCPU補助8ピン電源コネクタは無し。 PCI-E電源コネクタは1個。 ケースファンを自動制御するFanOnlyコネクタが2個。

20/24ピン電源コネクタはこんな感じで両対応になってます。
20/24ピン電源コネク

PCケースに組み込む

10年ものケース ところで、この電源を収めるPCケースですが、 ベアボーンM3661-PのケースはMicroATXサイズで小さくTP3-430が入りません。 そこで、かつて管理人がセレロン300A・ABIT BH6とともに 初めてPCを自作した時に購入したこのケースを使うことにしました。 確か秋葉原のZOAというショップで11,300円くらいだったと思います。
サイズ:幅20cm×奥行き43cm×高さ43cm(実測値)。
M3661-Pに合わせて黒にしたDVDドライブとカードリーダーが浮いてます。

このケースの付属電源Seventeam ST-301HR。 今回はこれを取り外してTP3-430を搭載します。
取り外したケース付属電源Seventeam ST-301HR

TP3-430搭載。
電源搭載

ベアボーンからマザーボードs661FXm-USなどを移植。
TP3-430の各ケーブルは黒い網状のシールドで覆われていて高級感あり。 硬さも適度で取りさばきも楽。
↓クリックすると大きく見られます↓
マザーボード移植後の画像
大きな画像で見ると良く分かりますが、 TP3-430のファンの一部がケースの電源台座によって遮られてしまっています。

使用感

動作音はベアボーンM3661-Pの電源よりかなり静か。 それでもCPUファンとGPUファンを止めると「シュー」という軽い音が聞こえます。 ネットの電源レビューなどでよく「耳を近づけなければ聞こえない」とかありますが、 そこまで行ってない感じ。
「静音だが超静音とは言い難い」といったところか・・・。

アイドル時の排気の量はかすかで、温度は微妙に暖かいかな〜くらいです。 電源自体の発熱も少ないらしく、触ってもほんのり暖かい程度。

それと、この電源交換とケース移植によって、 M3661-P時よりCPU温度が約5℃(40℃→35℃)下がってます(Pentium4 2.8C northwood、CPUクーラーはSPEEZE VIOLAUのファンをXINRUILIAN RDL7025NMB25に交換して使用、室温22℃)。
全体的なパソコン駆動音もとても静かになりました。

問題点

M3661-Pでは問題なかったのですが、 電源交換後、Vistaのスリープモードからの復帰時にUSB機器を認識しなくなりました。 OSの電源オプションやらBIOSのACPIサスペンドタイプやら見直しましたが解決できず・・・。
後で電源を元に戻してみても同じ不具合が出ました。 なので電源の問題ではないようです。

スポンサード リンク