小説:恋愛

更新日2010.2.11



Atheist -another story- sin ]2010.2.11
 俺は教師が嫌いで、生徒が嫌いで、世界が嫌いで、自身が嫌いだった。
 あれは、蝉の断末魔がちらほらと聞こえ始める頃……。
 あいつは、いつも無邪気な笑顔を俺なんかに向けてくれていた。



呼応- 鏡の姉妹 - 紫陽・悠吏 ]2010.2.11
 鍛冶屋を営む律には、女王の諜者というもう一つの顔があった。
 古代和風ロマン。一話完結短編シリーズ。



たいくつな恋 あさか ]2008.9.11
 平凡なOLの葵は結婚を控えた二十六歳。
 平凡な恋人、平凡な日常に満たされながらも漠然と不満を抱いていたある日。
 二歳年下の美形、シュンと出会う。
 恋人に罪悪感を抱きつつもシュンに惹かれるが、裏には意外な事実が隠されていて……。



隣同士 清澄 葵 ]2008.9.11
 朝の満員電車で必ず隣同士になる二人。
 少年は少女を意識するものの相手の気持ちがわからず、いつも悶々としている。
 果たして黙々と読書する少女の思惑は……いつの世も少年にとって少女とはミステリアスな存在。



CrossRoad(めぐり合う為の時間) Hide ]2008.9.11
 似た者同士の二人。それはライムグリーンの定期入れを取り違える事から始まった。
 一週間と言う時間の中で行く度なく奇妙なすれ違いを繰り返す。
 前半(月曜日〜木曜日)、後半(金曜日〜日曜日)構成となってます。



ヴォーチェ・ドルチェ 紙森けい ]2008.3.8
 女性とお子様男子はお断り。
 アルコールとチョコレートのBar『ヴォーチェ・ドルチェ』は、大人の男の隠れ家的存在。
 そこで繰り広げられる雑多な人間模様を、オムニバス形式にて公開しています。
 (※作品の一部に同性愛表現を含みます)



一枚の年賀状 じんじん ]2008.3.8
 正月といえば、年賀状を欠かすことが出来ない。
 新年になると、その年賀状のことで、ある先輩のことを思い出す。
 ほのぼのとした話。



風薫六月の恋人 じんじん ]2008.3.8
 十年ぶりに見る佳子は、眩しい女性になっていた。
 子供の頃のぎすぎすした印象とは全く変わっていた。
 達彦は、彼女に惹き付けられる自分を感じた。



せんこう花火 じんじん ]2008.3.8
 翔子との出会いは、クリスマスパーティであった。
 だが、学生と社会人という垣根は、二人の間に微妙な影を落していた。
 切ないラブストーリー。



スナック『憩い』へようこそ じんじん ]2008.3.8
 あたしは、しがないスナックのママさ。
 ある吹雪の日に、客から聞いた切ない恋の物語は、妙に心に残るものだった。



夏の恋人 じんじん ]2008.3.8
 ラーメン店『北の森』の主人、島村隆造の一人娘、聡子は評判の美少女であった。
 隆造はあることで、窮地に陥っていた。その店に、十年ぶりにある若者が現れた。



八年目のクリスマスイブ じんじん ]2008.1.24
 偶然再会した、和久井聡子との八年前のクリスマスイブは、僕にとって最悪の思い出だった。



風の棲む街 じんじん ]2007.11.1
 僕は、受験を控えた高校生である。
 ある時、担任に頼まれて書類を同級生の女生徒に届けることになった。
 彼女の家はすし屋だった。ほのぼのとしたラブストーリー。



雨模様 じんじん ]2007.9.29
 敬祐は突然振ってきた雨のために、とある店先に走りこんだ。
 そこで『藤原詩織』と偶然の出会いをすることになった。
 彼女は小学校時代の同級生であった。ちょっと切ないラブストーリー。



NOT Princess そら ]2007.09.29
 突然死を宣告された女の子。何故か護衛がつき…??
 平凡な学園生活はもうできないのか?!ちょっぴり変な女の子の波乱万丈な物語。



赤いトウシューズ mink ]2007.05.24
 それは1足の赤いトウシューズとの出会いからはじまった…
 かれんは赤いトウシューズとともにバレエの世界へと足を踏み入れます。



愛をください すみれ ]2007.05.24
 高校2年生の少女、華乃の兄が失踪して1ヶ月。
 ある夜、彼女の家に「ただいま」と現れた男性は兄に姿形がそっくりな、まったくの別人だった。
 ただひとり、それを見抜いた華乃と、それでも居座り続ける偽者との、不思議な生活がはじまる。



つきのゆめ mink ]2007.03.04
 いつか『白鳥の湖』の舞台でオデット(白鳥)とオディール(黒鳥)を踊りたい。

 幼い頃に見た『白鳥の湖』の舞台がきっかけで、バレエを始めた望月瑠那が、
 そんな夢を抱きつつバレリーナを目指す物語です。



W.E.M【世界の終わる音が聞こえる】 佐倉エリナ ]2007.01.28
 恋と友情と進路を天秤にかける少年。

 恋と友情、進路と停滞、想いと執着。
 相反する者を持ち続けるから、人は面白いし成長する。
 登場人物達の想いが交錯し変化していく群像劇。
 他人の目と自分の心、どっちが大事!?
 ベタ甘学園物



Voice【最果てから呼ぶ声】Voice[called farthes] 佐倉エリナ ]2007.01.28
 異世界、大怪我、含みありの喋り、とヤバイ要素だらけの女カホに友人・知流が恋をする。
 女性恐怖症でありながら彼女に惹かれ戸惑う小太郎。
 自身の矛盾とその理由を探求した小太郎の心と恋の行方。



R・U・R・I・ サトシアキラ ]2006.11.25
 一人暮しの高校二年生、矢島亮太郎。
 父親が引き取ってきたという少女、「瑠璃」と突然義兄妹になる。
 戸惑いつつも父親兼兄役をこなし、友人達と触れ合っていく中で、彼の心境に変化が起き始める…
 人情・友情・愛情、青春時代を駆け抜ける主人公と儚げな義妹の物語です。
 スカッと爽やかな主人公と気の良い仲間、そして義妹。
 彼らの織り成す高校生活を是非ごらんになって下さい。



FASTEST!! サトシアキラ ]2006.11.25
 超高校級の投手、加藤 聖(せい)は、相棒の捕手・真壁 大成(ひろしげ)と共に快投を続ける。
 また、突然出来た義理の姉妹達と共に、家族として暮らす内、投手としても人間としても成長して行く。
 が、徐々に心境に変化が訪れる…。

 高校野球を軸に、義妹に対する複雑な感情を募らせてゆく青春作品です。
 野球描写があるので、ある程度の知識と、野球への興味がある方に特にお勧めいたします。



小さなスミレと桜の木 清華 ]2006.10.28
 病院で、おれは一人の少女と出会った。咲、という名のその少女のことを、
 おれは、ずっと忘れる事が出来ずにいる。
 この話は、咲とおれとの出会いと。
 そして、別れの記録――。

 中篇・悲恋で完結済みです。



オルゴール 清華 ]2006.09.11
 もうすぐ卒業。そんな時に彼がくれたのは、ちいさなオルゴールだった。
 何の変哲もないオルゴール。
 けれどその音は、私をあの時へと誘っていくのだ……。



恋の一香 ]2006.09.11
 恋と切り離せない要素・「香り」をお題にして書く香水シリーズ。選ぶ香りは気分次第…。
 色んな形の、恋の形があります。



恋人 宵待草 ]2006.07.05
 無作法な男が少女の肩を叩いた。
 馴れ馴れしい様に、少女は嫌悪すら抱く。
 けれど―
 たった一晩の出来事でも、人の人生は大きく変わる。



アールグレイが揺れる理由 宮城あおば ]2005.05.28
 大人の恋に踏み出すまえの貴女に……



愛シテル 紙森けい ]2005.05.28
 N.YのERで働く日本人医師・中原りく也の悩みは、
 ヘテロ(≠ゲイ)の自分を追いまわすピアニストのユアン・グリフィスの存在だった。
 彼らの20年に渡る交流を、一話完結で連載開始。同性間の恋愛で、登場人物の平均年齢高いです。



Slow Luv 紙森けい ]2005.05.28
 ピアニストの道をあきらめた調律師は、片想いの相手である親友のチェリストとの再会と、
 稀有な才能の持ち主であるヴァイオリニストとの出会いで、忘れかけていたクラシックの世界に引き戻されて行く。
 その恋の行方など。同性間の恋愛で、登場人物の平均年齢、高いです。完結済。



Je tu veux 網笠せい ]2005.05.07
 私はクリアでありたい。けれど幼馴染みの彼は相互作用を求める。
 エリック・サティの同名曲をイメージして書いてみました。



アイス星人の悲劇 れい ]2005.05.07
 アイスな恋愛小説です。



夢姫 れい ]2005.05.07
 「キミは誰だ?」



トリックスター れい ]2005.05.07
 信じていたのに…愛していたのに裏切られて、そして…



恋愛詞集2 れい ]2005.05.07
 詩織は、二十歳までの命だった。



LOVE始めました キノ ]2005.03.30
 あほのように恋をする女の子のお話です。
 恭一と目が合うと、胸の奥がぎゅーってなって、ああもう好き好き好きって、その気持ちだけでいっぱいになる。
 私のしてあげられること、全部してあげたいと思う。



アリーの残した奇跡 蒼井果実 ]2005.03.30
 ある日、工場で働く青年は、
 棺に入れられ聖堂に安置された女性の遺体を礼拝に訪れた際に見つけ、恋してしまった。



Sweet Box 悠那 ]2006.02.18
 主人公・成宮楓が転校した学校はなんだか変?
 不思議な魅力を持つ楓のドタバタな学園生活を描いた青春ラブコメディー!



コーティング・アイビー 桔梗鈴 ]2005.12.06
 学校の帰り道にあるツタ屋敷。
 少女は「おばけ屋敷」と呼ばれるその屋敷の割れ窓の中に怪しい輪郭を見る……
 恋に恋する年頃の少女を描いた短編。



folie a deux 娃鳥 ]2005.10.01
 受験生の「ぼく」にはサイコな彼女がいて……



太る恋愛─女と女のある日の会話 ]2005.10.01
 女たちの会話文のみで繰り広げられる‘太る恋愛観’と言うもの。



痴呆の都 まんぢう ]2005.10.01
 自分の名前にコンプレックスを持ちながら、老人介護施設『コスモス園』に勤める主人公“馬場百恵”が、
 痴呆高齢者を通して、心の痴呆から解放されていく姿を描く純愛小説。



秘密 多香子 ]2005.01.10
 アタシは楓くんの秘密を知っている。
 牛乳ビンの底のような眼鏡をかけて、ボサボサの髪の毛。
 だけど、その奥には優しい瞳がある。
 保健室の先生と生徒のラブストーリー。



Love Balance 多香子 ]2005.01.10
 いつも意地悪してくる山口に、杏奈は振りまわされていた。
 いきなりキスしてきたり、勝手に送別会の幹事にさせられたり。
 嫌いだったはずなのに。。。
 ちょっぴり切ないラブストーリーです。



いつか貴方の花になる 天帆出 ]2004.10.31
 大学で有名な美少女を巡って右往左往する主人公。
 行き着く先は光か闇か。
 気が向きましたら覗いてみてください。



チーズは飛んでこない 橙 オレンジ ]2004.09.12
 「そこから何が見えるの?」
 「……天国」
 飛び降りようとしたその日、あたしは恭二に出会った。
 「一緒に死んでくれる?」
 あたしはいつだって一人だった。生まれてから死ぬまで、ずっと一人なんて寂しすぎる。
 死ぬときくらい、誰かと一緒だったらと思ったわけじゃなかった。一緒に死んでくれる人がいるわけない。
 でも恭二に出会って、何かが少しずつ変わっていく。



お花とうさぎと幸せと… てん ]2004.09.12
 人間の少女―ケイと、彼女を愛した白い精霊―シュウ。
 「…シュウと、幸せになりたい…」
 そして、ケイの選んだ道は――。
 触れることすら叶わない人間と精霊の恋。
 冬の森を舞台に贈る、切ないピュア・ホワイト・ラブストーリー。



ジェラール 722 ]2004.07.19
 花の都パリを舞台に小悪魔のような美青年ジェラールと彼に魅了された人々を描く。



white white snowscape てん ]2004.07.19
 人間を恐れる白い精霊と、雪を愛する少年は、出逢う。
 それは、真っ白な雪景色に隠された、遠い日の物語…



ラプンツェル nigh ]2004.05.22
 腰より長い髪の友鈴子は、髪を切る理由を探していた。
 その髪から『ラプンツェル』とあだ名されていたものの、本人は気に入ってなかったのだ。
 だけど、切る理由も見つからない……。
 でも絶対失恋で切りたくはなかった。 



Listen to me, my dear nigh ]2004.05.22
 ピアニストの彼とクラシックに疎い彼女が織りなす風景を綴る連作です。
 曲と物語が交錯して進行しますが、曲を知らなくてもまったく問題なく読んでいただけます。



position【思惑】 於菟 ]2004.05.22
 恋人でもなければ、兄妹でもない。血のつながりなど一切無いし、友人でもない。
 それなのに、いつのまにか共に生活している恭介と公佳。
 二人の日常を2人のそれぞれの視点で書いています。



I Miss You... 優泉 ]2004.03.31
 二人の間の距離が縮まることは、もう永遠にないのだ。
 受話器を握ったまま私の体が震える。
 「君は――本当に僕を好きだった?」



半角20文字の恋 橙 オレンジ ]2004.03.31
 付き合っている、とはやっぱり言えないのだろうか。
 知り合ってもう一年になる。一応相思相愛ってヤツだと私は思っている。
 けれど未だに彼と会ったことはない。
 Pメール半角20文字の切ない関係が続いている。



柔らかなぬくもり 橙 オレンジ ]2003.12.03
 ほんの少し震えながら、そっと触れる唇のぬくもり。重なり合う二人の唇。
 背中に回した手に、自然と力が入った。しっとりとして、甘いにおい。
 みずみずしい感触。温かい吐息。何もかもが僕の求めるまさにそのものだった。



初恋の人 橙 オレンジ ]2003.11.07
 私は大好きだったトモヤ君を、いつしか恥ずかしいさえと思うようになっていた。



She Can Love All さまと ]2003.10.02
 昔、誰よりも大切だった、彼女との再会。
 偶然による出会いは、僕らを過去に導いていく。
 過去と向き合いながら、僕らはお互いを見つめ直していく。



白木蓮の雫 夢坂 葉 ]2003.08.06
 平安の美丈夫、藤原佐為と勝気な巫女、葉月の恋模様。
 文字で読む少女漫画と言ったところでしょうか。



機械じかけの王国 流悠ちか ]2003.03.18
 機械じかけの王国の雪深い森の中で起こる物語。
 ある日、ロボット工学の第一人者である少女アイラが銃で撃たれる。
 その犯人はアイラ自身が作ったアンドロイドだった。
 そして王国の中枢部では不可解な異変が起こり始めていた。
 甘く切ない恋愛小説です。完結しました。DL版アリ。


2style.net